青天を衝け

紀行

第17回「茨城県つくば市/埼玉県深谷市」
2021年6月6日

茨城県つくば市。関東平野にそびえる名峰、筑波山。その中腹に筑波山神社があります。

天狗党(てんぐとう)の中心人物、藤田小四郎はこの地で挙兵しました。

筑波山神社
藤田小四郎像

はじめは60人あまりの集団だった天狗党。挙兵を聞きつけた人々が合流し、最盛期には数千人に膨れあがりました。天狗党は、朝廷に攘夷(じょうい)の志を訴えるため、慶喜がいる京を目指します。

埼玉県深谷市。一行は、利根川を渡り、栄一のふるさと・血洗島を通過しました。

利根川の近くにある不動堂は、武田耕雲斎が陣を置いた場所であると地元に伝わっています。

向島(ごうそ)不動堂

岡部藩との小競り合いの中で、天狗党2人が命を落とし、中の家(なかんち)の近くに葬られました。栄一は、のちに鎮魂の碑を建てています。

水藩烈士弔魂碑

全国を巻き込んだ天狗党の進軍。慶喜は、つらい決断を迫られることとなるのです。

  • 筑波山神社

    つくばエクスプレス「つくば」からバス
    「筑波山神社入口」下車 徒歩5分

  • 水藩烈士弔魂碑

    JR「深谷」からバス「中の家」下車すぐ
    ※バスの運行期間は、2021年2月16日から2022年1月10日です。

Back number

紀行

Special