2018年04月09日 (月)花見の幹事さん見てください


※2018年3月13日にNHK News Up に掲載されました。

ことしもやってきました花見のシーズン。最も気になるのは開花の時期と見頃がいつなのか?。一方、最近の花見は場所取りをして、敷物、食べ物それにお酒を持って行けばいいという流れではないようです。日本人の大好きな桜の開花の直前、知りたい最新情報をお伝えします。

ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・野田綾・田辺幹夫

han180313.1.jpg

<SNSはすでに花見に関心>
SNSには早くも「手作り弁当とお酒を持っていてカメラ持っていて花見したい。夜桜もいいけど」「ことし桜咲くの早いらしいやん。お花見したい!!」「徐々にあったかなってきたし花見しながらバーベキューしたい」などと花見を心待ちにしている人たちの書き込みがあふれています。


<いつ咲く?ことしの桜>

han180313.2.jpgまずは主な民間気象会社3つの最新の開花予想(ソメイヨシノ)です。


<開花予想って当たるの?>
このうち、ウェザーマップの渡辺正太郎さん(33)に話を聞きました。

han180313.3.jpgことしは冬の寒さが厳しく3月に入ってから暖かい日が続いたので、全国的に平年より早く咲くと見られるということです。開花の予想は過去のデータに加え、各社がその年の気温を予想したうえではじき出すためどうしても違いが生じます。予想担当9年目の渡辺さんは、これまで2日ほどの誤差が出ていたということです。

渡辺さんの東京の開花予想は3月18日。「大きく外すことはないでしょう」と自信を見せていました。


<敷物 飲み物もう古い!?最新の花見事情は>
お花見といえば公園にシートを持ち込み、仲間と一緒に食べて飲んで騒いでのスタイルが古典的。それが変わってきています。

han180313.4.jpgネット上で人気なのは桜が見えるレストラン。川沿いでフレンチを食べながら、大阪城の桜を眺めながらなど、場所取りや片づけなどの手間がかからず優雅に花を楽しめるシチュエーションが人気のようです。

一方、東京・目黒区のカフェに話を聞くと、「きょうも午後までに、予約できないか問い合わせる電話が何十件もかかってきました」という情報。住宅地を流れる川沿いに咲き誇る桜を楽しめることから人気が高いといいます。

しかし、この店は予約を受け付けません。去年からやめたといいます。理由は無断キャンセルや遅刻が多いこと。花見のシーズンには店先に屋台を出して、ふらりと立ち寄ったお客が気軽に店内で食事をできるというスタイルに変えました。

従業員の女性は「予約なしでも桜を見がてら食事を楽しみに来てほしい」と話していました。


<各地で花見のローカルルール>
いよいよ迫りつつある桜の見頃ですが、毎年各地の公園などではマナーやルールをめぐってトラブルになるケースが後を絶ちません。そうした問題に備えようと、新たな対策に乗り出すところが出ています。

福岡市中心部にある天神中央公園は3月22日から4月8日までの「桜まつり」の期間中、団体で利用できる区画について、2時間500円で貸し出すことにしました。

混雑やゴミの問題が出てきたため11年前から予約制を取っていましたが、ここ最近、希望者が殺到。事務所の混雑が激しくなったことから、ことしからインターネット予約で対応することにしました。

han180313.5.jpg公園の区画を有料で貸し出すことについて、SNSでは「数年前友人とここで花見してたけど、有料やったら考える」「福岡県人としては反対」「マナーの悪い人がそれだけ多いんやな。でも安いと思うけど金額」「まあゴミだのなんだのマナー悪いからしかたないね」など賛否両論ありますが、全体としては好意的に受け止められているようです。

満開の週末には8万人が訪れるというのが東京の新宿御苑。アルコールの持ち込みが禁止されています。

しかし、きれいな桜を見ながら「ちょいと一杯」という人もいるため7年前から来場者全員を対象に手荷物チェックを行っています。多少時間がかかってでもルールとマナーを守ってほしいという思いです。

また、最近ではドローンを持ち込んで撮影しようという人がいることからドローンの飛行禁止も呼びかけています。


<待ち遠しい>
3月から4月。淡いピンクの花を咲かせはかなく花びらを散らせる桜。咲き誇る花を見ると入学式や卒業式、転勤や引っ越しなど出会いや別れの記憶がよみがえります。

han180313.6.jpg「花よりだんご」桜の下でおいしい食事やお酒やおしゃべりを楽しむイメージを持つ人もいるでしょう。私たちの目と心を和ませてくれる桜の開花がことしも待ち遠しくてしかたありません。

投稿者:後藤岳彦 | 投稿時間:16時22分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲