2012年01月06日 (金)湯たんぽ 電子レンジ加熱に注意


節電意識の高まりで、この冬に「湯たんぽ」を利用する人が多いとみられるなか、消費者庁は、電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽは、破裂してやけどをするおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

01062.jpg消費者庁によりますと、湯たんぽでやけどをしたという相談が、昨年度までの5年間で全国の消費者相談窓口に89件寄せられ、この中で多いのは、長時間、湯たんぽを体に当てたことによる「低温やけど」ですが、このほか、電子レンジで加熱するタイプの湯たんぽが破裂して、やけどをするケースも目立つということです。

中には、「電子レンジで加熱中、『ボン』という音がしたので取り出そうとしたら、ゲル状の内容物が飛び出して手にやけどを負った」という報告もあるという ことです。

01061.jpgこの冬は、節電意識の高まりで湯たんぽを利用する人が多いとみられるため、消費者庁は、電子レンジで加熱するタイプは決められた加熱時間を必ず守り、温かい間は再加熱しないよう、注意を呼びかけています。
また、「温めボタン」などを押して自動的に加熱する電子レンジの「自動モード」を使うと、湯たんぽの中の保温材が熱くなりすぎるおそれがあるとして、そうした機能は使わないよう呼びかけています。 

投稿者:らいふちゃん | 投稿時間:06時00分

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

充電式電気湯たんぽが暖かい件について

寒さに嘆いている皆さんこんばんみ[E:paper] 冬は寒い!という事で今年は湯続きを読む

受信日時 : 2012年02月20日 23時43分 | 雑貨としあわせタイム

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲