2019年10月16日

2019年10月16日 (水)産後うつ "須坂モデル"で1人も取り残されない支援を


※2019年7月12日にNHK News Up に掲載されました。

昼も夜も続く赤ちゃんの世話。睡眠不足や体の痛み。出産を終えた女性の多くは、疲労でいっぱいです。やがて産後うつになり、自分自身や子どもを傷つけることになってしまわないか。そんな危機感を背景に、長野県の人口5万人の自治体が病院と連携して、すべての母親を対象に、ある取り組みを始めました。“須坂モデル”とも呼ばれる全国初の取り組みが注目を集めています。

長野放送局記者 田中顕一
ネットワーク報道部記者 岡田真理紗

sanngo.190712.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:岡田真理紗 | 投稿時間:11時46分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲