2018年2月 5日

2018年02月05日 (月)記念貨幣 その奥深い世界


※2018年1月17日にNHK News Up に掲載されました。

先日、こんなニュースがありました。「小笠原諸島の日本返還50年を記念して、記念貨幣が発行される」ー戦後、アメリカ軍の占領下に置かれ、多くの住民が20年余りにわたって帰れなくなった島。記念貨幣には、小笠原を象徴する景観や、鳥や花の鮮やかな姿がカラーで描かれることになったそうです。なかなか魅力的なこの貨幣、原稿をさらにたどると、額面は1000円で、販売価格は9000円。…あれ?9000円?お金の価値は1000円だけれども、買うのに必要なのは9倍?どういうこと?その謎を探ると、奥深い記念貨幣の世界が見えてきました。

ネットワーク報道部記者 戸田有紀 後藤岳彦 玉木香代子

kine180117.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:戸田 有紀 | 投稿時間:17時05分 | カテゴリ:その他 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲