2016年5月16日

2016年05月16日 (月)不妊治療"やめられない"


女性の社会進出や晩婚化に伴って
不妊治療を受ける人の年齢が高くなっているいま、
新たな課題が浮かび上がってきました。

全国の医療機関の中には、
予約で1年待ちとなっているところもあります。

2016-0408-1.jpg一方、
体外受精で子どもを授かることができた人の割合は、
30代半ばを過ぎると大きく下がります。

そして40歳で8.3%、45歳では0.8%。
40歳では12回に1回しか、
子どもを授かっていない計算になります。

治療しても、なかなか
妊娠できないという現実に悩み
「不妊治療をやめたいのにやめられない」という人が増えています。

【続きを読む】

投稿者:牧本 真由美 | 投稿時間:16時14分 | カテゴリ:不妊治療 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲