いらっしゃいませ、磯田屋へ! 男の夢がここにある!?大山&俊斎、鼻の下伸びっぱなし。 いらっしゃいませ、磯田屋へ! 男の夢がここにある!?大山&俊斎、鼻の下伸びっぱなし。

テーマは「水」。水面きらめく、夜の幻想空間。

ここは、海に面した宿場町・品川にある旅籠(はたご)。
船でそのまま着けることをイメージして、
室内セットながら大きな池を配しました。
池の上は吹き抜け空間になっていて、
シャンデリアが妖艶な明かりを放ちます。
“見ざる聞かざる言わざる”の三猿が見守る空間で、
さぁて今宵は何が起こる?
いらっしゃいませ、磯田屋へ!

磯田屋のべっぴん看板娘、ご紹介します!

ヒー様との恋の行方はいかに?

ふき(およし) 高梨臨さん

高梨臨さん
磯田屋01

この磯田屋セットに入った瞬間、「こんな居酒屋があったら行きたいなー」って思いました。大きな池の上にはシャンデリアまであって、毎回スタッフさんがハシゴを使って一個一個ローソクの明かりをともすんです。そんな細かいところまでのこだわりが職人技!「せっかく池があるんだから、どこかで落ちたいよね」ってみんなとは話してたんですけど、実現できなかったことだけが残念です(笑)。

磯田屋02

男性キャストのみなさんは、「わ、女の子がいっぱいいる」「オアシスだ!」なんて喜んでおられました(笑)。ずっと男同士の撮影だったので、楽しかったみたいですよ。それを聞いて、磯田屋がみんなの癒やしの空間なればいいな、と思いました。
ふきといえば、ヒー様との恋の行方もお楽しみのひとつです。松田翔太さん演じるヒー様はすごく色気がありますよね。お金持ちでいつも遊んでいるけれど、どこかさみしそうで……。そんなところに、苦労人のふきは共感して、ひかれていくのかなと思います。このふたり、一体どうなるのでしょうね?

高梨臨さん 松田翔太さん

ちょっぴりゲンキンな看板娘です!

タマ 田中道子さん

田中道子さん
磯田屋03

磯田屋のセットはとにかく豪華!鈴木亮平さんも「ここまでのセットなんだから、お芝居もこぢんまりしちゃダメだね」なんておっしゃってました。

私は二級建築士の資格を取るために近代建築の勉強をしていたんですけど、こういう古きよき日本家屋もステキですよね〜。屋内なのに開放的で、ずっと向こうまで確認できるような構造がおもしろくって。部屋を仕切るふすまは透け透けのシースルーだから、隣でどんちゃん騒ぎしているお客さまの様子まで見えるんです。池には飛び石まで配されていて、とっても味わい深い空間でした。大山さんこと北村有起哉さんは「磯田屋に入ると、別のスイッチが入るわぁ〜」って楽しそうでしたよ(笑)。

磯田屋04

私が演じるタマちゃんは、ちょっぴりゲンキンな女性です。第9回でならず者の男に襲われそうになった時、守ろうとしてくれた大山さんを通り越してヒー様に助けを求めてみたり(笑)。お金にちゃっかりしていて、大山さんにときおり塩対応なところも、どうぞお楽しみに……!

田中道子さん 北村有起哉さん
トップに戻る