語りもす!正助&糸編 撮影で育まれたリアルな友情。「郷中パワーで乗り越えたど!」大久保正助 石川 樹(たつき)さん岩山 糸 渡邉このみさん 語りもす!正助&糸編 撮影で育まれたリアルな友情。「郷中パワーで乗り越えたど!」大久保正助 石川 樹(たつき)さん岩山 糸 渡邉このみさん

みんなで山を駆けあがったあの笑顔は、本物です!

大久保正助 石川 樹(たつき)さん

正助は、ちょっと弱いところもあるけれど、じっくり考えて行動する頭脳派。ケンカが強くてまっすぐな小吉とはまったく違うので、嫉妬(しっと)みたいな気持ちもなく、お互いを認め合っている感じがします。僕自身は、正助というより小吉タイプかなぁ〜。

正助は俊斎とライバルで、「芋とツルツルの戦い」がしょっちゅうありますけど、俊斎がおもしろすぎるんで僕は笑いをこらえるのが大変でした(笑)。

今回の撮影は、重い甲冑(かっちゅう)を着て山道を走ったり、川の中でとっくみあいのケンカをしたり、アクションシーンがたくさんあって大変だったけど、達成感がいっぱいありました。僕が好きなのは、いちばん最後のシーン。走って城山に登って、桜島を見ながら未来を思うシーンが、みんな笑顔でよかったなと思います。

こうしてケンカしながらも、結局はみんな仲良くなって大きく成長して、時代を動かす人になっていく。それってすごいことだなぁと思います。

石川樹さん

涙じゃなくて思いで伝える。糸ちゃんは、おなごの代表!

岩山 糸 渡邉このみさん

渡邉このみさん

糸ちゃんは、自分の思いを人にちゃんと訴えることができる女の子です。うれしい時、悲しい時、その思いがまっすぐに出る性格は、うらやましいなと思います。

妙円寺詣りで「おなごがいる」とひとり責められるシーンでは、悲しくても涙を見せるんじゃなく、グッとこらえて主張するのが難しかったです。だけど、糸ちゃんの気持ちを伝えたくて必死に演じました。伝わっていたらいいなぁ〜と思います。でも、実際はみんなすごく仲がいいんですよ。男の子ばっかりだけど、そんなことを感じないほど、この撮影を通して仲間意識が強くなりました。

あの時代は男の人が優先で、「おなごは端に寄らんか」と言われてしまう時代だから、「男になりたい」と思う気持ちはすごくよく分かる気がします。私だったらきっと耐えられません。糸ちゃんみたいな人がいてくれたから、今の私たちがあるのかなぁ、なんて思ったりもしました。ここから糸ちゃんがどんな大人になっていくのか、私自身、とっても楽しみです。

渡邉このみさん 石川樹さん 渡邉蒼さん
トップに戻る