最終回

20181216日放送

「敬天愛人」

西郷(鈴木亮平)は残った兵士と共に包囲網を突破し、薩摩の城山に到達する。一方、大久保(瑛太)は内国勧業博覧会の準備にまい進していた。そのころ、従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。政府軍総攻撃の前日、大久保は、降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷は拒否。城山から最後の戦いに向かう。そして、(黒木華)は夫西郷の真意を息子たちに語り始める。

西郷どんの目線

解散宣言をした西郷軍は、政府軍の手を逃れて鹿児島へ——。
敗走に次ぐ敗走。そんなさなかに、「降伏すれば西郷の命を助ける」という一蔵どんからの文がやってきて……。
そこで初めて、西郷さんは自分の意思をみんなに伝えます。「おいの体はおはんらに預けたで」と言った理由は何だったのか?ずっと誰にも明かしていなかった「本当の目的」を初めて吐露するのです。そこにこそ、西郷さんという人間の格好よさが集約されていると僕は感じています。
そして、ついに迎えることになる、西郷隆盛の最期の瞬間。
ここまで西郷さんとして生きてきましたが、不思議なことに死の恐怖は全くなく、すがすがしい思いでした。それは恐らく、「生」をまっとうしたからではないかと思います。
僕が生ききった「西郷隆盛」の人生、ぜひ最後まで見届けていただきたいです。

「週刊西郷どん」関連記事

    あらすじ一覧