第二十五回

201871日放送

「生かされた命」

野ざらしの牢(ろう)で死に直面した吉之助(鈴木亮平)は島役人の土持政照(斎藤嘉樹)の機転で座敷牢に移され子どもたちに学問を教え始める。その頃、海江田(高橋光臣)ら薩摩藩士が英国人を斬る「生麦事件」が起こる。その補償を迫られた久光(青木崇高)に一蔵(瑛太)は英国に屈せず戦うことを進言。英国艦隊が薩摩に迫っていた。その知らせは沖永良部にも届き、謎の流人・川口雪篷(石橋蓮司)は漁師の舟を盗み島抜けを企てる。

西郷どんの目線

テーマは「革命」です。前半は人の温かさに触れ、西郷さんの座右の銘「敬天愛人」に通じる思想を確固たるものにしていく。そして後半は、沖永良部という小さな島で、小さな革命を起こそうとする吉之助がいます。
きっと、“革命家・西郷隆盛”へと成長していく前の、小さな芽ぶきの時かもしれません。
そして最後の見どころは……雪篷さんのある行動!石橋蓮司さん、カッコいいです。必見です!

「週刊西郷どん」関連記事

    あらすじ一覧