鈴木亮平

NHK大河ドラマ『西郷どん』物語

西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。
両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。
西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。
そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(しまづ・なりあきら)が目を留めた。
「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。
西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。
薩摩のキーパーソンとなっていく。

鈴木亮平

生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。
多感な青年期を経て、三度の結婚、二度の島流し…。
極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝 海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく。
素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、愛嬌あふれる男の周りには、いつも“笑いと愛と波乱”が満ちていた。
「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・“見返りを求めない愛”を与え続けた男を、人は親しみを込めて、『西郷どん(セゴドン)』と呼んだ。

原作 林真理子

以前、最後の将軍・徳川慶喜とその妻・美賀子の物語を書いたときに、幕末の複雑さにつくづく苦労しました。
しかし、それゆえに歴史の主役たちにすっかり魅了されてしまったのです。
その中でもいちばん難解でおもしろいのが、西郷さんです。彼をめぐる女性たち、流された島々を深く描くことによって、
今まで誰も書かなかった西郷どんを作り上げているという自負があります。
これに中園ミホさんが、生命を与えてくれるのです。会った誰もが愛さずにはいられなかった西郷どん。
彼はもう、私たちの前で呼吸をし始めているのです。

林真理子

林真理子プロフィール

小説家。山梨県出身。
『最終便に間に合えば』『京都まで』にて直木賞、『白蓮れんれん』にて柴田錬三郎賞、『みんなの秘密』で吉川英治文学賞ほか、話題の著書多数。

脚本 中園ミホ

西郷隆盛という人物は謎に満ちています。決して聖人君子ではない。
太った愚鈍な男でもない。戦の天才で革命家。一つ確かなのは、男にも女にも大層モテたということ。
子どもも学者も侍も殿様も彼と触れ合い、語り合った者は皆、西郷にほれた。一体どんな魅力だったのか!?
セゴドンという男の魅力に、女の視点で切り込みます。
林真理子さんの原作「西郷どん!」は愛にあふれています。命がけで彼を愛した男たち、女たちの視線をまじえ、テレビの前の皆様にも一年間どっぷりセゴドンにほれていただきたいと思っています。

中園ミホ

中園ミホプロフィール

脚本家。東京都出身。
ドラマ『ハケンの品格』で放送文化基金賞、『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞、橋田賞受賞。
連続テレビ小説『花子とアン』等、数々の話題作を執筆。

語り 西田敏行

「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じさせていただいた私が、今度は、西郷の生涯を見守る「語り」のお役目を仰せつかりました。
先日は、同じくNHKの番組『ファミリーヒストリー』にて、私の先祖が、薩摩藩士だったことも分かり、鹿児島との不思議な縁に驚いております。
鈴木亮平さん演じる「西郷どん」を、しかと最後まで見守らせていただきます。

プロフィール

1947年生まれ、福島県出身。主演映画「釣りバカ日誌」シリーズ22作続くなど、代表作多数。主な出演作に、ドラマ「西遊記」、「池中玄太80キロ」「白い巨塔」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズ、映画「敦煌」、「学校」シリーズなど。大河ドラマには現在まで12作出演しており、「山河燃ゆ」「翔ぶが如く」「八代将軍吉宗」「葵 徳川三代」では主演を務めている。

西田敏行

音楽 富貴晴美

「敬天愛音」
人に、天命があるのならば。
私の天命は、音楽を愛すること。
「自分」を愛し、「スタッフ」を愛し、「作品」を愛し、
そして「音」を愛する。
視聴してくれた皆様に感動と元気を
お届けできたらなにより嬉しいです。
GOGO!SEGODON♪の音楽で日本を元気に。世界を晴れやかに。

富貴晴美

富貴晴美プロフィール

作曲家・編曲家、ピアニスト。大阪府出身。
映画『わが母の記』『日本のいちばん長い日』『関ケ原』で日本アカデミー優秀音楽賞を3度受賞。
連続テレビ小説『マッサン』等、数々の話題作の音楽を手掛ける。

里アンナ

プロフィール

奄美大島出身。3歳より祖父に島唄を習い、島唄の大会で数々の賞を受賞。2005年「恋し恋しや」にてメジャーデビュー。2013年、15年には、ミュージカル「レ・ミゼラブル」にファンテーヌ役で出演。2016年にはNYで単独島唄ライブ。さらに、世界に活動の場を広げ、イタリア、北欧などさまざまな地域の歌い手達と競演を続けている。

テーマ曲 歌 里アンナ

大河ドラマ紀行 歌 サラ・オレイン

第1回~第8回

サラ・オレイン

プロフィール

オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト。シドニー大学を音楽・言語学の最高点で卒業。東京大学留学生として来日。
その歌声には1/fゆらぎという癒やしの波長がある。名音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターのディズニーアルバムに参加。
世界一のテナーと言われるアンドレア・ボチェッリと共演。ムーミン映画の主題歌。ラジオパーソナリティ、NHK英語番組レギュラー。
絵本、CMなどでも異彩を放つマルチアーティスト。

サラ・オレイン
第9回〜第17回

平井 大

プロフィール

ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖母から貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持つ。
印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれる。
2016年にリリースしたアルバム「Life is Beautiful」は、iTunesで総合チャート1位を獲得、iTunes / Apple Musicスタッフが選んだ2016年ベストアルバムに選出されるなど、Surf Rock界を牽引する若き異才の持ち主として多方面からの注目を浴びる。

平井 大
 
第18回〜

ピアノ演奏

山下洋輔

プロフィール

1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外のジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラなど異ジャンルとも意欲的に共演する。2016年、ウィーン楽友協会ホールで佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団と共演。2018年6月、結成30周年を迎えるニューヨーク・トリオの記念アルバム『30光年の浮遊』をリリース予定。多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。

山下洋輔

城 南海

プロフィール

1989年 鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー。
2006年鹿児島市内でシマ唄のパフォーマンス中にその歌唱力を見出され、2009年にシングル「アイツムギ」でデビュー。
代表曲は、NHKみんなのうた「あさなゆうな」、「夢待列車」をはじめ、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌「童神~私の宝物~」、NHKBSプレミアム時代劇『薄桜記』の主題歌「Silence」、自身作詞・作曲のNHK WORLD TV 「J-MELO」のエンディングテーマ「祈りうた ~トウトガナシ~」など。
現在までに3枚のカバーアルバム、4枚のオリジナルアルバムをリリース。

城 南海

西郷どん紀行 ナレーション 
島津 有理子 アナウンサー

時代考証

原口 泉
大石 学(江戸、京都パート)
磯田 道史

衣裳デザイン

黒澤 和子

薩摩ことば指導

迫田 孝也
迫田孝也
迫田 孝也
かごんま出身の迫田孝也の新たなる挑戦じゃ!
地元の鹿児島は勿論(もちろん)じゃっどん、全国も一緒に盛り上げていっでな!!
皆様、「西郷どん」の始まりを楽しみにしちょってくいやんせ!

プロフィール

1977年、鹿児島県生まれ。舞台・映像・バラエティーなど幅広く活躍中。2016年、大河ドラマ「真田丸」での熱演が話題を呼ぶ。現在、「ごごナマ」月・木曜日の午後3時台に出演中。

田上 晃吉
田上晃吉
田上 晃吉
大河ドラマ「西郷どん」の方言指導という大役をいただき本当にうれしく光栄です。
古き良き故郷の言葉を大切にしつつ「全国の方に伝わる活きた方言を!」をモットーにご指導出来るよう努めておりますので、ぜひ薩摩ことばにも注目して楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いいたしもす。

プロフィール

1982年生まれ、鹿児島県出身。大河ドラマに多く出演。「篤姫」では薩摩藩士・有村雄助を演じた。「龍馬伝」では方言指導も行う。近年は、時代劇だけでなく、ドラマ・舞台・CM 等、幅広く活躍中。

NHK大河ドラマ『西郷どん』題字&メインビジュアル&タイトルバック I.S.W.F.

“新しい風を大河ドラマに!”を目指し、題字では、枠におさまらない“時代の変革者・西郷どん”の魅力を描き出したいと想いました。

大河ドラマ「西郷どん」メインビジュアル・鈴木亮平

書道の和の雰囲気とは違う直筆感を生かした「どん」の文字にはエネルギッシュな躍動感と親しみを、「西郷」の文字には品格と重厚感を込めました。文字の配色は、桜島に陽が当たりゴツゴツした山肌が輝きを放つ雄大な風景から想起しました。

まさに、せご「どーん」な題字とメインビジュアル。
大河ドラマに新しい風をお届けしもす!