開催日:3月25日(日)

福井・NHK公開セミナー
大河ドラマ「西郷どん」トークショー

大河ドラマ西郷どんトークショー

3月25日(日)福井県福井市のフェニックス・プラザにて、福井藩士・橋本佐内役を演じる俳優の風間俊介さんを招いてトークショーが行われ、全国各地から1200名を超えるお客様にご来場いただきました。

風間俊介さんコメント

出演が決まった時の感想

橋本左内という名前は知っていたのですが、人物像までは把握していなくて、決まってから調べれば調べるほど本当にすごい人だなと思いました。僕が思ったような感覚を、見ている人たちにも感じてもらえたらなと思いました。橋本左内さんは、すごく名前がカッコいい人だなということしか今まで思っていなかったので、今回、左内先生を知る機会をもらえたことも嬉しかったですし、伝える機会をもらえたことも嬉しかったです。

撮影のなかで印象に残っていること

何か物事が動き出したとき、立ち上がるタイミングなどで、必ず左内と吉之助が目を合わせています。記者会見の時に、一橋慶喜を演じている松田翔太さんが、2人が必ず目を見合わせて仲よさそうだなと思っていたという話をしていたのですが、今思い起こすと、目配せというか、2人の信頼関係というのが、一番心に残るなと、尊い時間だったんだなと思いました。よし行こう、となった時、同じタイミングで、2人で目を見て動くことが多かったですし、これからも山ほどあります。

亮平さんの印象

器がでかくて、飛び込んでみたくなるというか、受け止めてくれるだろうと。ちょっと不安な部分とか、ちょっと仕掛けてみようかなと思っていることも、あの人なら大丈夫と思わせてくれる役者さんで、本当に尊敬しています。

トークショーの感想

楽しかったです。こうやって視聴者のみなさんと会う機会がとても大事で、自分たちが作っているものがこんなにも喜んで頂いているということが実感できてすごく幸せです。
福井の人たちがとても大切に思っている橋本左内さんを今日感じて、それを演じた僕もいっしょに迎え入れてくれたことは、とても嬉しいことでした。本当に福井が大切な場所になりました。

今までは、左内さんがどんな人間かいろいろ調べたりはしていたのですが、福井の人たちが左内さんをどう思っているのかを感じられたというのが一番嬉しかったです。僕が思い描く橋本左内先生のイメージと、他の方が持っているイメージとは差があるとは思いますが、今日拍手をもらっている中で、僕が描いた左内先生が受け入れてもらえたのではないかなという手応えは感じました。

トークショーラストコメント

福井のことを思いながら演じさせていただいた橋本左内先生ですが、みなさんに会ってあらためて福井のことがまた好きになりました。
本当にこの思いを胸に、これからもたくさんの役に出会っていきたいと思います。「西郷どん」という作品を僕は愛しています。
ここに集まってくださっているみなさんも愛してくださっていると思いますし、まだそれほどご覧になっていない方も、こうやってお話しさせていただいたことで改めて愛してくださったのではないかと思います。本当に個人的に「西郷どん」という作品を、多くの方に愛してもらいたいです。一緒に愛してください。

橋本左内先生生誕地 橋本左内先生生誕地