大村益次郎・林家正蔵さん

長州藩医

大村おおむら 益次郎ますじろう
林家はやしや 正蔵しょうぞう

長州藩の藩医。シーボルトの弟子・梅田幽斎ゆうさいに医学や蘭学を学び、大坂では緒方洪庵こうあんに学ぶ。兵学者となり、長州征伐や戊辰戦争で、長州藩兵を指揮し勝利に導く。江戸城明け渡しの後、上野寛永寺でのろしを上げた彰義(しょうぎ)隊を、見事な軍略によりわずか一日で攻略。こうした功績で、大久保、桂 小五郎と並び、新政府の幹部となるが、軍制度を巡り大久保と対立する。