中原尚雄・田上晃吉さん

元薩摩藩士

中原なかはら 尚雄なおお
田上たのうえ 晃吉こうきち

元薩摩藩士。明治新政府下では警察官となる。西南の役のきっかけをつくる人物。
同郷の大警視、川路利良の許可を受けて、鹿児島県出身の警視庁同僚らと帰郷。しかし、「帰郷」は表向きの名目で、事実は以前から警戒していた私学校および西郷隆盛ら私学校幹部の偵察を命じられていた。中原の背後には、大久保の密命があった。