徳川慶喜・松田翔太さん

十五代将軍

徳川とくがわ 慶喜よしのぶ
松田まつだ 翔太しょうた

徳川十五代将軍。英明誉れ高く、父・徳川斉昭が「わが最高傑作」と自慢した。島津斉彬らが次期将軍候補に担ぎ出すが、望まぬ宿命を担った本人は「将軍になど興味は無い」と冷めている。その行動は常に周囲を戸惑わせ「二心さま」と揶揄(やゆ)されるが、やがて、徳川家最後の将軍となり、西郷たちにとって最大の敵となっていく。