放送 ほうそう リスト

今年度の放送

第1回 (放送日:10月9日、10月16日)

スポーツアナウンサーになりたい(ブルガリア)

ぼくの夢は、スポーツアナウンサー。プロになったときの決めゼリフまでもう決めてるんだ。ある日、スタジアムの実況ブースを見学させてもらうチャンスがやってきた!

第2回 (放送日:10月23日、10月30日)

ジョセフの特別なたん生日(アイルランド)

脳性まひで支えなしで歩くことができないぼくは、10歳のたん生日会にあるサプライズを準備している。それは、歩行器を使わず自力で歩く姿を友だちや家族に見せること。

第3回 (放送日:11月6日、11月13日)

ぼくはジョン・レノンになる!

佐賀県の小学6年生、中島彩人はジョン・レノン大好き少年。バンドを結成してライブをしたいと、メンバー集めに奔走。でも問題続出、バンドは空中分解寸前!どうなる?

第4回 (放送日:11月20日、11月27日)

トロフィーより大事なもの(セルビア)

まちが洪水に襲われてから水が怖くなったわたしは、カヤックでその怖さを乗り越えた。これまでたくさんのトロフィーやメダルをもらったんだ。今度の大会も勝てるかなあ?

第5回 (放送日:12月4日、12月11日)

「もったいない」をいただきます(ドイツ)

わたしの家では、たくさんの食品が捨てられている。これっておかしくない?賞味期限切れの食品でも食べられる料理が作れること、みんなに知ってもらいたいな。

第6回 (放送日:1月8日、1月15日)

見とってよ!オレの飛ぶとこ 回るとこ

マリンスポーツ「ハイドロフライト」に熱中している裕志(11歳)はキッズでは敵なしの実力。この夏初めて大人が出場するプロカテゴリーの大会に出場することになった。

第7回 (放送日:1月22日、1月29日)

ルアナは負けずぎらい(クロアチア)

わたしの夢は、サッカーのクロアチア代表としてワールドカップに出ること。でも去年は町の大会に出ても結果は散々。まずは学校で作ったチームで優勝したいな。

第8回 (放送日:2月5日、2月12日)

ぼくは頂に立つ(スコットランド)

登山が大好きなぼくの目標は、登った山の標高を合計して、エベレストと同じ高さに登ること。最後の難関はイギリス最高峰のベン・ネビス。亡くなる人もいる危険な山だ。

第9回 (放送日:2月19日、2月26日)

私のことばで伝えたい(日本)

小6のかなは吃音(きつおん)がある。言葉が出てこなかったりする時があるので、そのことを知らない人と話すのが少しこわい。不安を抱えるかなに思いもよらない試練が…。

第10回 (放送日:3月5日、3月12日)

もう一つの祖国の結婚式(ベルギー)

私にはベルギーとアルバニア、2つの祖国がある。この夏アルバニアのいとこの結婚式に参加するんだ。楽しみだけど、ベルギーと習慣が違いすぎてちょっと複雑な気分…。

その他の放送

聞こえない歌

歌が大好きなイスラエルのアビブくん(12)。学校のイベントでソロパートを任された。一番聞いてほしい両親は耳が不自由。そこで“聞こえない歌”を届ける方法を考える

わたしの馬はうるさい馬

北海道で騎手を夢みる千尋さん(小4)。調教師の父から気性の荒い馬の世話をまかされ、朝と夕方、懸命に世話をする。馬が心を許してくれたかと思えた時、事件が起きた。

YOYOはかなりいいヨ

冬夜くん(小4)はヨーヨーが大好き。憧れの世界チャンピオンに教えてもらったり、ライバルと競い合ったり。夢に向かって、好きなことをとことん極める日々を追う。

ぼくのうちはクリーニング屋

直樹くん(小5)の家は、81年間続く老舗のクリーニング店。父に教えてもらいながら、初めて家の仕事を手伝った直樹くんのチャレンジを追う。

ぼくには家が2つある

輝伸くん(小5)は、母と弟との3人暮らし。看護師の母が夜勤でいない日は、弟と一緒に朝まで夜間学童保育所で過ごす。自分の家と学童。ふたつの「家」への、思いを描く。

私たちはペンギンズ

美南さん(小4)は、同級生の仲良し4人組でペンギンズを結成。学校でも放課後も一緒。もっと仲良くなって「ずっと一緒にいたい」“あるプレゼント”を作ることにした。

面で一本とりたい(広島)

広島市に暮らす康太くん(小5)が夢中になっているのは剣道。小柄な康太くんの悩みは剣道で「面」がとれないこと。「負けてもいいから、面をとりにいく」公式戦が始まる…

わたしが勉強する理由

塾に宿題、予習に復習…実咲(小4)さんが今がんばっているのが「勉強」。得意のなのは算数と国語。なんでそんなに勉強するの?勉強への思いとがんばりの秘訣とは。

夢はぶっちゃけマンガ家

マンガを描くのが大好きな小学6年生・りのあさん。弟や妹に手伝ったてもらったり、親友に相談したり、周囲の人々に助けられながらマンガと格闘する日々を追う。

ぼくは横綱になる

虎之介くん(小4)は横綱になりたくて相撲の稽古に励んでいる。指導するのは、昔力士だったお父さん。夏の国技館での試合で今年はどうしても勝ちたい!果たして結果は?

ちゃんとしたリーダーになりたい

児童養護施設に暮らす崇くん(小6)は、小学生のまとめ役。この夏のイベントで、リーダーを任せられた。しかし、どうまとめていけば良いのか分からず、悩んでしまう。

ロッテ~人の役に立つには~(ドイツ)

ケルンに住むロッテさん(11歳)。友達と協力してホームレスの人たちに食事を配ることにしたが…。ホームレスの人たちってどんな気持ちなんだろう?

毎日平和ですごしたい

広汎性発達障害の症状がある亮輔くん(小3)は不安なことがあると感情のコントロールが難しくなる。すぐ怒ったり文句を言ってしまうのが自分でも悲しくて…

思いっきりシュートを打ちたい!!

アイスホッケーが大好きな沙也伽ちゃん(小6)。6年生だからチームを引っ張っていかなきゃいけないけど、なかなか自信がもてない…

遠くから来る子どもたち

ホイツケさん(9歳)の家にチェルノブイリの近くから二人の女の子がホームステイに来る。せっかくオランダまで来る二人にやさしくしてあげたいんだけど、言葉が通じない!

それでもケーキが作りたい

隆洋くん(11歳)はケーキを作るのが大好き。週に2回はお母さんにお菓子作りを教えてもらう。今度の自分の誕生日には難しい2段ケーキに挑戦する。

学校にもどる日

大阪の病院に長期入院する小学4年生。苦しい治療、同じ病室の仲間との日々、そして別れ、学校の友達との再会。闘病から元の学校に戻るまでを追う。

はじめての遠乗り

デンマークの12歳の女の子が国境を超える1400キロの自転車旅行に参加する!初対面の人との未知の旅。ホームシックと戦いながらの長い旅路に密着。

ぼくの中の二つの国

日系ブラジル人4世のビクトル君(14歳)。小学校以来日本の学校に通い、美しい日本語に魅せられている。不況の中、母が解雇された。自分の将来を真剣に考え始める。

ぼくの自転車がほしい

トルコの観光名所ハサンケイフ。主人公は11歳の少年。彼の夢は、自転車を手に入れること。そのためにガイドの資格を取り、チップをためる。自転車をゲットできるか?

山の学校でみつけた友だち

小学5年生の薫さんは、4月から親元を離れ、「山村留学」する。番組では、旅立ちの直前から、引っ越し、寮での新生活、さらに入学後一カ月の暮らしを追う。

アイツだけには負けたくない

小学3年生の双子の男の子。空手・そろばんから給食の早食い…二人は様々なもので競い合う。少し体の小さい兄がおされぎみ。競い合いながら成長する姿を日常の生活にみる。

ぼくはブラム 夢はDJ

音楽が大好きなオランダの12歳の少年。将来はDJになりたいと思っている。自分の部屋に専用機材を置き、練習している。思い切ってプロのDJに指導を仰ぐことにした。

街から女の子が来た

山間の集落にくらす小学5年生の女の子。同級生は5人、みんな幼馴染の女の子。そこに山村留学で、都会から転校生がきた。雰囲気が違う同級生をどのように受け入れるのか。

“川の学校”にボクは行く

徳島の吉野川で開かれる「川の学校」に参加する兵庫の少年が今回の主人公。大きな川に抱かれて生活するなかで、大人への第一歩を踏み出そうとする少年の心の軌跡を追う。

アイラブおしゃれ

家族や学校の先生からも「おしゃれ!」といわれる埼玉県の小学5年生の女の子が、今回の主人公。おしゃれしたい!という女の子の素直な気持ちに迫る。

家の手伝い してみたい

宮城県の聖葵くんは学校から戻ると祖父の経営する繊維工場に立ち寄る。大した手伝いはまだできないが、役に立ちたいという思いは人一倍強い。「男の約束」があるからだ。

体操が私にくれるもの

福井市に住む体操少女、恭子さん(小4)。三歳の時に始めた体操、つらい練習にも耐えてきた。辞めようと思ったこともあったが、他に代えがたいものを手に入れた。

うちが農家になった

侑樹くん(小6)の父は会社を辞めて、農業を始めた!生活が変わり、両親が遅くまで畑で働くため、家事や畑の手伝いをしなくてはいけない。でも、いいこともある。それは…

“がんばりマン”をさがせ

大雅くん(小5)が通う学校の名物は学校新聞。記者になって半年、初めての大仕事は新企画「がんばるマン」。目標を持って努力する人を探すのだが、見つけられるだろうか。

今日も もちろんがんばっています!

今回の主人公は横浜市に住む小学4年生の真優(まゆう)くん。自閉症という障害のある真優くんは、感じ方や考え方が他の子と少し違う。真優くんの学校生活を見つめる。

強いヒーローがぼくの夢

仮面ライダーが大好きで、ライダー役の役者になりたいという隼弥くん(小4)。遠洋マグロ船で働くお父さんが1年ぶりに帰ってくる。強くなったところを見せたいが…。

8人と80頭の家族

富士山麓の8人の酪農一家。小学5年の萌子さんは家族とともに80頭の乳牛の世話をしている。家族と一緒にいたいから、将来の夢は酪農家。仕事を覚えようと挑戦するが…。

メーレ~小さな彫刻家~

11歳のメーレさんは彫刻が得意。病院のロビーに展示する彫刻を頼まれた。先生で友だちの彫刻家・マルコさんのサポートを受けて、2mを超す木の彫刻に挑む。

すすめ!ぼくのロボット

ロボット作りが大好きな隼輔くん(小6)。サッカーロボット大会用のロボットを製作中だ。初対面の子とチームを組み出場することになったが、初めての子と話すのが苦手だ。

おじいちゃんと話がしたい

秀雄くん(小4)のおじいさんはもと中国残留孤児で、日本語がうまく話せない。中国語がほとんどできない秀雄くんはおじいさんと話しをするためにある方法を思いついた。

ぼくは9人兄弟の4番目

9人兄弟の4番目、小4の理希丸くん。掃除や家の手伝いをよくするが、なぜか自分に集中するのが不満。兄ちゃんたちはすりぬけていく。4番目という順番が微妙なのかも…。

サッカーと料理と

セルビアのバーニャ(13)。人形遊びよりもサッカーが好き。両親からは「料理ぐらいしなさい」といつも言われる。でも実力を買われ、クラブチームに加わることになる。

やっぱり“学童”が好き!

今回の主人公は学童保育所(学童)に通う翔くん。4年生になって下級生の世話をすることになったが、一人っ子の翔くんは幼い子たちにどう接したらいいのか分からない…

お姫さまも ほんとたいへん

富山に住む小4の菫子(すみれこ)さん。子ども歌舞伎で“お姫さま”役に挑戦することになったが、恋人役の男の子と目をあわせるのが恥ずかしい。2か月に及ぶ練習を追う。

ボクはキャプテン修業中

舞台は奄美・加計呂麻島。主人公は野球が大好きな海地くん(小5)。野球チームのキャプテンに選ばれたが、メンバーは言うことを聞いてくれない。悩む少年の姿を追う。

もっと速くなりたい

三重県に住む小4の茉裕さんは、走ることが大好き。地域の陸上クラブに所属し、厳しい練習を続けている。自己新記録をめざして自分自身と戦う姿を見つめる。

わたしも一人でできるよ

八ヶ岳のふもとで両親とくらす麻美さんは、自分一人で小さなテーブル作りに挑戦。くじけそうになるが、自分一人で作り上げることにこだわり続ける。自立への一歩を描く。

レーサー

オランダに住むソフィー(15歳)の夢はF1ドライバー。9歳の時にかかった難病を乗り越え、カートレースで腕を磨く。夢を支えにひたむきに生きる少女の姿を追う。

女子には負けられん

紘明くん(小6)は5才からレスリングを始め、キャプテンもつとめている。しかし最近、ライバルの女子の身長が伸びて、強くなってきた。闘志を燃やす紘明くんを追う。

弱い自分に勝ってみたい

埼玉県に住む優良くん(小5)が続けているのはボクシング。でもパンチを受けるとすぐに泣いてしまう。次の試合の日が近づくなか、なんとしても強くなりたい理由がある。

みんな、いないって言うけど

東京都調布市の菜々佳さん(小6)は、“妖怪たちの世界”に夢中だ。骨女に悩みを相談し、座敷童たちと遊ぶ。少女の頭のなかで繰り広げられる妖怪の豊かな世界を描く。

わたしが住むのは宝島

瀬戸内海の島に住むみさきさんは小学6年生。来年から船で本土の中学に通う。まもなく本土の小学校で、彼女にとって最後の合同運動会が開かれる。複雑に揺れる心境を追う。

どんどん絵を描きたい

名古屋市に住む了禅くん(小6)が熱中しているのは絵を描くこと。動物を観察し思いついた物語を独自の色使いで描く。「自分の頭の描きたい」という独創の日々をみつめる。

天上の歌

パイプオルガンの音色に魅せられたスロベニアの少年が主人公。音楽学校でオルガンを習っているが、人気がない。そこで魅力を知らせるために自らオルガン作りに挑戦する。

わたしもトライを決めたい

岡山市に住む明日香さん(小6)が熱中しているのはタグラグビー。しかし試合になるとミスが怖くて積極的にプレーできない。ついに試合の先発メンバーから外されてしまう…

見えなくても おもしろい

オレの趣味は落語。言葉だけでいろいろイメージできるから。でも、一日でいいから見えるようになりたい

もっと強くなるために

5歳のときから将棋を始めた。将来の夢はプロの将棋士。しかし将棋クラブの先生からは「へぼ」と怒られる毎日。プロへの道は甘くない。

信長ってカッコイイでしょ?

好きな武将は織田信長。信長のことなら何でも知りたい。今、調べているのは信長のお母さん。わからないことがいっぱい。でも楽しい。

一人でもさびしくない

ぼくの家のまわりは山と川。川とか山には楽しいことがいっぱいあるから、一人で遊んでいてもさびしくない。けど、友だちと遊びたいと思うこともたまにある…

楽しくておもしろい私の家族(島根)

家族でトランプをやるのが好き。カードを出すときは「何を出すか」必ず言う。お父さんとお母さんは目が不自由だから

だけん弓道が好き

わたしの性格は人見知りで恥ずかしがり屋。けど弓道をやっているときは、人の目が気にならない。弓道はなんか“和”な感じでカッコイイ。

心をあわせて 音をあわせて

リコーダーの県大会まであと少し。でもチーム4人の気持ちがそろわない…。先生にも厳しいこと言われるし、なんとかしないと

みんなでバスケットボール

わたしはバスケットボールが大好き。この4月に新しい町に引っこして新しいチームにはいった。みんなの目標は全国大会優勝。練習は超厳しい。

みんなをやる気にさせるのはむずかしい(兵庫)

ぼくがハマっているのはゲートボール。同級生で作ったチームのキャプテンをしている。でも チームの女子がやる気ないみたい…

わたしをわすれないで(アイルランド)

私の名前はレインティン。アイルランドの小さな村に住んでる。首都のダブリンから引っ越してきた。。時々不安になる。ダブリンの友達に忘れられちゃうんじゃないかって。

ぼくは「真ん中」

ぼくは3人兄弟の真ん中。いつもお兄ちゃんと妹が優先で、ぼくは後回し…。そこで、一番目立つ大太鼓に立候補した。

みんな喜んでくれるかな

絵とか工作が大好き。みんなが「すごい!」って言ってくれるき、どんどん続けたくなる。自分で作ったものは心がこもってるき、いいなって思う

夏を楽しみたい

5歳のとき、プールでおぼれそうになった。水がこわいから、夏はちっとも楽しくない。だけど今年こそ泳げるようになりたい。

マルテ~水泳と転校~

今度、体育学校に転校する。そしたら毎日でも泳げるんだ。でも友だちができるかどうかすごく心配…。

雷なんかこわくない

私はピーン、オランダに住む12歳。雷が苦手なの。そんな自分を変えたくて雷のことを調べてみることにした。ちゃんと知ることができたら雷何てへっちゃら…のはず!

ぼくのゴール

算数がすごく苦手。かけ算とか意味わかんない。だけど、今度の「算数コンテスト」はがんばるつもり。だって、夢をかなえるためには算数も必要もみたいなんだ…

さよなら 茜(あかね)ちゃん

今度フィリピンに引っ越すことになった。友だちの茜(あかね)ちゃんと別れるのがさびしい。でも、最後は思いっきり遊びたい。

ピエロがコワい

ピエロがコワくて、サーカスにも行けない。だって、あの顔がどうしてもイヤなんだ。そんな自分はおかしいのかな?

見てほしいと見てほしくないのあいだ

タヒチアンダンスが好き。おどってると楽しくなる。でも、人前でおどるのははずかしい。笑顔でおどれといわれるけど、すごくむずかしい…

オレ長男やきん

オレは長男。弟と妹がいる。家の手伝いとかもかなりがんばってる。でも…家族から“お兄ちゃん”って認めてもらえてるのかな?

発表会はいつもドキドキ

バレエとバイオリンが大好き。だけど発表会の前になると、一週間前から胃が痛くなる。「みんなが私を見てる」って思うと怖くて仕方ないの…

マイウェイ(山形)

かっこいいものが大好き。いろいろかっこいいものはあるけれど、本当にかっこいいものって何だろう…

今こそ集中!

集中して考えごとをするのが苦手。すぐ頭の中がゴチャゴチャになっちゃう。だけど、そういうのわたしだけじゃないみたい

お姉ちゃんの作戦(モンゴル)

わたしは5人きょうだいの一番上。弟が英語の勉強をしないから困ってる。ちゃんと言うことを聞かせるいい方法はないかな…

ゆきんちは旅館

女将(おかみ)をしているお母さんはカッコイイ。わたしもあんな風にお客さんの前に出てみたい。だけど、いざとなると不安…

10メートルからジャンプ(セルビア)

飛び込みでオリンピックに出たい。7メートルまでは飛べるようになった。だけど、10メートルはすごくこわくて飛べないんだ

くっことわたし

勉強よりも体育よりも民謡(みんよう)が得意。くっこ(おばあちゃん)の練習はちょっときびしいけど、心の中では「ありがとう」って思ってる。

ぼくはできるよ

ぼくは生まれた時から右うでと両足の一部がありません。でも、いろんなことができるよ。理科の実験、キックベース、リコーダー、水泳…

ドキドキバレンタイン

大輝と辰平は、わたしにとって特別な男の子。小学校最後のバレンタイン、気持ちを込めて手作りすることにした。

おどらへん気持ち

小さいときからずっとバレエを習ってきた。でも最近、みんなとおどれなくなった。きらいなわけじゃないんだけど…

ぼくの犬がほしい(イスラエル)

ぼく、犬が飼いたいんだけど、お父さんがゆるしてくれない。お父さんを説得するためにドッグトレーナーの教室に通うことにした。

お客さんを“本当に” 楽しませたい(神奈川)

ぼくはピアノが大好き。弾いているのは、“ジャズ”。お姉ちゃんとユニッ トを組んで演奏してる。でも、聞いてるお客さんは本当に楽しんでくれて るのかなあ…?

ぼくはカウボーイ・レスラー(スイス)

ぼくはファビアン。夢中になっていることが2つある。ひとつはレスリング。 ひとつは牛を育てること。でも、レスリングはいつも双子の兄弟・ アドリアンに負けちゃう…。

キングになりたい(ドイツ)

ぼくは町の伝統ある射撃クラブに入ってる。お兄ちゃんも、お父さんも。12 歳以下のメンバーから毎年「キング」が選ばれる。ぼくもお兄ちゃんみたいにキングになりたい!

アビとレビのレース(ハンガリー)

ぼくはアビ。双子のきょうだい・レビとボート競技をやってる。糖尿病 のぼくがボートをやれてるのは、レビやお父さん、チームの仲間がサポ ートしてくれるから。

わたしの馬は与那国馬

わたしの家では、今度、与那国馬(よなぐにうま)を飼うことになった。お世話の仕方や乗馬の練習もはじめたけど…どうすれば、馬と心を通じあえるのかな?

ぼくはデザイナー(クロアチア)

ぼくの夢は有名なファッションデザイナーになること。4年前に服のデザインを始めて、今年は本格的なファッションショーをやるんだ!

カラフル!スペシャル「見とってよ!オレの飛ぶとこ 回るとこ」

マリンスポーツ「ハイドロフライト」に熱中している裕志(11歳)はキッズでは敵なしの実力。この夏初めて大人が出場するプロカテゴリーの大会に出場することになった。

ずっと馬とくらしたい(北海道)

“ばん馬”っていう超大きい馬が家にいる。かわいいし、やさしい。でも、すごく暴れる馬がやってきた。大変…。

「ザツ」になったらあかん

いま夢中なのは卓球。だれにも負けたくない。だけど、オレには弱点がある。それは、思い通りにいかないと気持ちが「ザツ」になってしまうこと…。

きょうはここ あすはどこか

ぼくの家は、いろんな町をまわる移動遊園地。転校、転校、また転校だけど、サッカーも強くなりたいし、ガールフレンドもほしい。

一人で育ててくれて ありがとう

お父さんへ。10年間、毎日ご飯を作ってくれたり、お弁当を作ってくれてありがとう。

ぼくが監督 主演は怪獣(和歌山)

ぼくの夢は怪獣映画の監督。妹や友だちと一緒に映画を作っている。でもみんなを仕切るのは大変…。

砂町銀座は みなの家

みなの家は、商店街のシューマイ屋さん。子どもから大人までいろんな人と友だちになれるよ。宿題ソッコウで終わらせて遊ぼう!

新しい家族

ぼくの家は、ママと妹の3人家族。今度、ママのボーイフレンドと暮らすことになった。新しい兄弟といっしょに、新しい生活が始まる…。

目標は笑顔(福島)

マーチングバンドが大好き。地震のせいでふるさとの仲間とはなれてしまったけど、 目標があるから、がんばれる。

おばあちゃんはカッコイイ

山の中へ引越してきたら“おばあちゃん”がいた。一人ぐらしなのに、84才なのに、野菜、みそ、漬物…ぜんぶ自分で作っちゃう。

千恵のまいにち日っき

大好きな友だちと笑って、ケンカして涙して…。毎日のキラキラしたこと、日っきにぜんぶ、書いてきたよ。

めざせ!初メダル

今度のボート大会で初メダルをねらってる。弱音ははいてもいいけど、ボートの上ではぜったいダメ!

お兄ちゃんといっしょに

わたしのお兄ちゃんは自閉症で、あんまり頼りにはならへん。けど、そばにおったらなんか元気になれる。

わたしだって乗りたい(茨城)

友達のなかで自転車に乗れないのはわたしだけ。乗りたいけど、どうやって練習したらいいか、わかんない。パパに教えてもらいたいけど、忙しいし…。

目指すは超オメガレア(広島)

ぼくの趣味は“冬虫夏草”を集めること。友だちには「変」とか「地味」とか言われるけど、でも、変わってる方がいいと思う。

スターになりたい!(オランダ)

ミュージカルスターになるのが夢。オーディションにはなかなか受からないけど、いつかママに大きな家を買うんだ。

ぼくにとって大切なこと

韓国で生まれて、日本で育った。みんなと国籍がちがうけど、そんなことより、もっと気になることがある。

ボクの“きょうだい”は24人

24人の小学生といっしょに住んでる。“きょうだい”みたいやけど、みんなお母さんは違うから“友だち”かな?

野球 いっしょにやろう!

ぼくは骨が折れやすい病気です。ジャンプするのも「やめとけ」と言われます。でも、サッカーはいいけど、大好きな野球は…。

わたしの新しいヘアスタイル

長い髪を切ることにきめた。それで人の役に立てるって知ったから。でも短い髪になるのはけっこう勇気がいる。

あの日から始めたこと

1年前、大津波に襲われた街を高台のお寺から見ていた。大人たちはみんな下を向いて暗い感じだった。その時から、ボクは始めたことがある…。

オリバーくんと山

あこがれの自転車レースのコースに挑戦。でも、のぼっても、坂道ばかり。…もう、やめちゃおうかなぁ…。

拝啓体重くん

ぼくは11歳で体重60キロ。「やせないと大変なことになる」って言われた。チョコもビスケットも禁止!?マジつらい。

はなやかな私の人生

ピアフっていう歌手の歌はスゴイ。目があんまり見えない私だけど、歌を聞くと、悩みが消えるよう…。

リーダー(エジプト)

タンヌーラダンスは布をまとってグルグル回る。ぼくはプロのチームで踊ってる。リーダーになるには もっともっと特訓しないと。

弟にナイスプレーと言えた日(千葉)

ぼくの夢はパラリンピックで車いすテニスに出ること。だから、弟なんかに負けていられないんだけど…。

わたしの森を守りたい(スイス)

近所の小さな森は、わたしの大好きな遊び場。いつもかくれんぼをしてる。でも路面電車を通すためにその森がなくなるかもしれないって…。なんとかしなきゃ!

赤毛あつまれ!(イスラエル)

家族の中で赤毛なのは、わたしだけ。赤毛の人はどんどん数が減っていて、絶滅するかも知れないって…!そこで、夏休みに赤毛の人が集まるイベントを開くことにした。

レオンとヤンの農場(スロベニア)

ぼくはレオン。友達のヤンとふたりで畑を耕して野菜を作ることにした。じゃがいも、レタス、ズッキーニ…収穫したら町の市場で売る予定。みんな買ってくれるかなあ。

しっかりと射ぬけ(クロアチア)

ぼくの村では子どもたちが騎士の格好をして、やりで的を射ぬく大会がある。3歳の時から参加してるけど、まだ優勝したことがない。7回目の今年こそ、優勝するぞ!

オジロワシの大ぼうけん(クロアチア)

ぼくはサバイバル教室に通ってる。そこでのニックネームは“オジロワシ”。好きな鳥の名前だよ。今度、サバイバル・インストラクターのテストを受けることに…!

ぼくの新しいくらし(スイス)

ぼくはアイハム。2年前、戦争を逃れてシリアからスイスにやってきた。最初は大変だったけど、ドイツ語も覚えたし友達もできた。サッカー選手になるのが夢なんだ!

とどけ!ビサンの歌声(イスラエル)

私は12歳だけどプロの歌手。私の願いは歌でみんなをつなぐこと。でも、私の町には地域を2 つに分ける長い長い壁があって…。

ビエトゥカと賢者たち(チェコ)

私はビエトゥカ。うちは大家族なんだけど、老人ホームで暮らすお年寄りがいるんだって。いとこのエリスカと放課後訪ねることにした。何か喜ばせることがしたいな。

わたしのウォーキング大会(ポルトガル)

私のお母さんは乳がんっていう病気になった。お母さんを励ますため、誕生日に特別なイベントをやりたいと思ってる。町の人にも呼びかけておっきなイベントにしたい!

ぼくはアワビをとる!(徳島)

徳島の漁師町で暮らす佐藤拳士くん(11)。この夏、海に潜ってアワビをとるという目標を立てた。しかし実は泳ぎは苦手・・・。ちょっとこわがりな少年の、成長物語。

カラフルスペシャル「ぼくはアワビをとる!」

徳島の漁師町で暮らす佐藤拳士くん(11)。この夏、海に潜ってアワビをとるという目標を立てた。しかし実は泳ぎは苦手・・・。ちょっとこわがりな少年の、成長物語。

めざせバグパイプの達人(ブルガリア)

僕はディミタール。バグパイプという楽器を習っている。今度、この辺りでは有名なバグパイプ楽団の入団テストがあるから受けてみようと思う。でもとっても難しいんだ。

カルロの車(クロアチア)

僕は12 歳。モノ作りが得意で、自転車も組み立てたし、掃除機も修理した。今年は車に挑戦するつもり。でも実は文字が読めないんだ。だから読書や勉強はとても大変。

ぼくはツルが大好き(ポルトガル)

ぼくはラファエル。冬の間、町にやってくる野生のツルを観察するのが大好き。今年はお金を貯めて、ツルが繁殖するスウェーデンまで観察に行くのが目標だ。

スノーボードで優勝したい(スイス)

僕はスノーボードが大好きだし、とても得意。今年は大会で宙返りを決めて優勝するんだ! 大会当日、コンディションは最悪。お父さんは宙返りはやめるようにいうけど…。

レインボーファミリー(ドイツ)

私の両親は一年前に離婚した。理由はお母さんが女の人を好きになったから。今はお母さんとパートナーが暮らす家と、お父さんの家を行ったり来たりして暮らしている。

わたしは星をめざす(スペイン)

わたしは町の伝統〝人間の塔〟のチームに入っている。小さい私の役目は、塔の一番上に登ること。今度初めて、フランスで7段の塔を披露することになったんだけど…。

冬のテレビクラブ

カラフル!スペシャル「私のことばで伝えたい」(30分)

小6のかなは吃音(きつおん)がある。言葉が出てこなかったりする時があるので、そのことを知らない人と話すのが少しこわい。不安を抱えるかなに思いもよらない試練が…。