ワイワイプログラミング

NHK for School

Why!?プログラミング番組ホームページへ

Why!大喜利 入賞作品紹介 かぼちゃをテーマに自由につくろう

10月も Why?! 大喜利(おおぎり)へのたくさんの投稿をありがとう!かぼちゃをテーマにいろいろなアイデアや工夫がつまった作品がたくさん集まったぞ。それでは、編集部が選んだ13作品をご紹介しよう!

ワイワイ賞

この作品をスクラッチサイトで見る・改造する ※NHKサイトをはなれます

あらいぐまさんのかぼちゃ畑で起こった「かぼちゃ事件(じけん)」探偵(たんてい)のChumieとTIMMIが事件(じけん)を調べてみると、意外な真実がわかる物語だ。キャラクターの動きから衣装(いしょう)、細かい動作までアニメーションの演出(えんしゅつ)がとても良くできているぞ。自分で作ったスプライトの素材(そざい)をみんなにも使えるようにしているのもすごいね。文句(もんく)なしのワイワイ賞(しょう)だ!おめでとう!!

かぼちゃを回しま賞

ラビット先生さん

同じ色のカボチャをそろえるスロットのゲーム作品だ。そろうときに動きがゆっくりになるのは、本物のスロットマシンみたいだね!お金が増(ふ)えると表示(ひょうじ)部分が光るなど、遊ぶ人に優(やさ)しい工夫になっているのがすごいぞ。

作品を見る

ひっかけて進むで賞

nekopyonさん

主人公がひもを伸(の)ばして、ひっかけながら進むアクションゲーム作品だ。矢印キーとマウスを同時にうまくつかわないと、進めない場所もあるぞ。「ひっかける」という動きを、オリジナルあふれる操作(そうさ)にした工夫がおもしろいぞ!

作品を見る

盛り上がりま賞

kotomi3さん

かぼちゃを集めるハロウィンらしいアクションゲーム。4つのプレイヤーから選べるユニークなつくりになっている。プレイヤーの種類によってゲームが変わるアイディアが面白いぞ!時間内にたくさんかぼちゃを集めてハロウィンを盛(も)り上げよう!

作品を見る

入賞

MIDORIYA3252さん

かぼちゃからカマを出して敵(てき)をやっつける、シューティングゲーム作品だ。かぼちゃの色が独特(どくとく)でカッコイイ仕上がりになっているね。ただ倒(たお)すだけでなく、ちゃんとクリアできるところまで作りあげているのがとてもいいね!

POKENYAANさん

画面の奥(おく)にいる敵(てき)に向かってかぼちゃを投げてダメージをあたえる少し変わったゲームだ。投げたあとも、矢印でコントロールできるぞ!どんどん投げていろんな敵(てき)を倒(たお)してみよう!

yukina0109さん

カボチャを投げて受け皿でキャッチすると、お菓子(かし)がもらえるハロウィンらしい作品だ。注目してほしいのは、マイクの音量をあげると、受け皿が大きくなるびっくりの工夫だぞ!敵(てき)がかぼちゃを取っていってしまうので、声を出すタイミングも楽しめるゲームだ。

作品を見る

作品を見る

作品を見る

donburisanさん

かぼちゃを加工して、ハロウィンの飾(かざ)りにして出荷するゲームだ。うまくクリックして、穴(あな)をあけて、明かりをつけて出荷すると高く売れるぞ。ショップでかぼちゃのレベルアップや速度アップで生産力をあげて、もっと儲(もう)けを出せるようにしよう!

ひーちゃんさん

魔法使(まほうつか)いの女の子が指定するキャラクターをクリックするゲーム。キャラクターが動いているのでなかなかクリックしにくくなっているぞ!シンプルだけどはまり込(こ)んでしまう不思議な魅力(みりょく)のあるゲームに仕上がっているぞ!

しょうま教授さん

去年投稿(とうこう)してくれた作品をバージョンアップしてくれたぞ!今回はハロウィンも取り入れた工夫がおもしろいね。育てたかぼちゃでランタンを作ってみよう!

作品を見る

作品を見る

作品を見る

rika824さん

かぼちゃにまつわるクイズに答える作品だ。クイズの回答は、選択形式(せんたくけいしき)にすることが多いけど、この作品はテキスト入力にチャレンジしているので紹介(しょうかい)するぞ!不正解(ふせいかい)の場合には、「ループする」など工夫できたら、もっと面白くなりそうだね。

Pikurinさん

かぼちゃをつかむクレーンゲームだぞ。つかんだあとは、左の出口にもっていくとGETできるぞ。クレーンを下げたときにかぼちゃが動いたりするのが、リアルで楽しいぞ。遊ぶ人が飽(あ)きないように、毎回色が変わる工夫もすごいね。

ziraatiさん

かわいいかぼちゃのキャラクターを操作(そうさ)してゴールまでたどり着こう!難易度(なんいど)は低いので、誰(だれ)でも楽しめる作品になっているのがすてきだね。「壁(かべ)にめり込(こ)まない」ようにしたり、動きをもうちょっと工夫すると、もっともっと良い作品になりそうだぞ。

作品を見る

作品を見る

作品を見る