おうちで学(まな)ぼう!トップへ

このサイトの使い方

  • 小学生(小学生)と保護者(ほごしゃ)のみなさんへ
  • 中学生のみなさんへ
  • 幼児の保護者のみなさんへ

おうちで学(まな)ぼう!トップへ

このサイトの使い方

  • 小学生(小学生)と保護者(ほごしゃ)のみなさんへ
  • 中学生のみなさんへ
  • 幼児の保護者のみなさんへ

NHK for schoolで家庭学習のススメ。中川 一史(放送大学・教授) NHK for schoolで家庭学習のススメ。中川 一史(放送大学・教授)

NHK for Schoolは、学校の授業で学ぶ内容を、わかりやすくコンパクトに
家庭学習で活用できます。
1つ1つの番組は10分程度なので、気軽に見ることができるのです。
さらに、予習、復習や学びを広げるのに最適です。
10min.ボックス、アクティブ10をはじめ、理科、社会、国語、外国語、
道徳、特活、情報活用スキルアップ、キャリア教育など内容もジャンルも多彩です。

  • アクティブ10 理科
  • 10minボックス 地理
  • プロのプロセス
  • ミライのしごとーく

せっかく番組を見るなら、予習・復習を兼ねて、調べて、まとめて、伝えてみましょう。一味違う番組の見方にチャレンジ!
せっかく番組を見るなら、予習・復習を兼ねて、調べて、まとめて、伝えてみましょう。一味違う番組の見方にチャレンジ!

  1. 情報活用番組を見て「目星」をつけよう 情報活用番組を見て
    「目星」をつけよう
    まず、「しまった!」や「プロのプロセス」を見てみましょう。
    ここには、課題を見つける、情報を収集する、情報を整理・編集する、
    情報を発信・表現することの「コツ」がたくさん紹介されていますよ。
    まずはコツを身につけましょう。
  2. 調べたい何かを追究しよう 調べたい何かを追究しよう 次に、教科の番組が充実している「アクティブ10」や「10min.ボックス」を
    見てみましょう。今日はどの教科にしますか?
  3. 調べたことをまとめて、誰かに伝えてみよう 調べたことをまとめて、
    誰かに伝えてみよう
    調べたことは言葉や文章にしてみましょう。
    何がわかって何がわかっていないかを確認できますよ。
    また、連絡を取り合っている友だちや、大人の人に、調べたことを伝えてみましょう。
    みてもらうと、モチベーションもアップします。
    そのときに、調べ方・まとめ方・伝え方をもう少し知りたいなと思ったら、
    また「しまった!」や「プロのプロセス」を見てみよう。
    見方が最初と変わってくると思いますよ!

NHK for School番組表を見る

NHK for Schoolばんぐみ一覧をみる

教科書からばんぐみを探す(理科・社会)