すくレポ

NHK for School を使ったら、どんなふうに使ったかをレポートしてみよう!題して、すくーるレポート「すくレポ!」面白いレポートは、スタッフが取材したり、アワードで表彰したりするよ!

NHK for School

みんなでごちそうパーティー はじめよう

投稿者

神奈川県 川崎市立新城小学校 松浦芳江さん、北林新菜さん、山田純平さん、上山裕加さん

対象

幼保、小1

なるほ度!
20%
このすくレポを評価する

活動のPR

<流れA・・・2クラスで実施>
1【5分】『すたあと』(ねんどのぱんやさん)を視聴
2【60分】○ごちそうパーティーをしよう
・「好きな食べ物」や「食べてみたい食べ物」などを交流し、ごちそうのイメージを広げる。
・思いついたごちそうの作り方を考え、工夫して表す。
3【20分】鑑賞
それぞれ作ったものを見合う。何を作ったのかな?どんな味なのかな?友達にごちそうして楽しむ。

<流れB>
1【5~7分】
ごちそうパーティーをすることを伝え、どのようなごちそうがあると「うれしい」「たのしい」かについて話し合う。
2【5分】『すたあと』(ねんどのぱんやさん)を視聴
3【45分】ねんどでごちそうを作る。
4【10分】ごちそうパーティーを開く。
5【10分】ふりかえりを行う。

<流れC>
1【5~7分】「ごちそうパーティーをしよう」
・特別な日に食べたい、食べてみたい料理を考え、ごちそうのイメージを広げる。
2【10分】『すたあと』(ねんどのぱんやさん)を視聴
3【60分】番組をもとに、表し方の工夫や思いついたごちそうの作り方を考えて粘土で表現する。
4【10分】鑑賞
それぞれ作ったものを見合う。何を作ったのかな?どんな味なのかな? 友達にごちそうして楽しむ。

番組の「黒電話ってしっている?」などの問いかけに「知っている-」とどのクラスも元気に答えながら番組を楽しんで見ていました。視聴後は、ねんどを使って発想豊かに「ヘビパン」「無限パン」を形にしていくクラスもあれば、具体的な料理を再現しようとしているクラス、食べたい料理をたくさん作ったりするクラスもあり、自分の好きなものをつくることを楽しんでいました。授業の後半には、番組の内容も参考にして、ねんどで作ったごちそうを友達に紹介したり、お店屋さんごっこをしたりして、友達と関わる活動にも楽しむことができました。

動画・教材

もっと見る

関連すくレポ

    もっと見る