2018年03月01日 (木)コノマチ☆リサーチ「これがオイラのつくりたい"マチ"だ!」


20180227konomati1.jpg

コノマチ☆リサーチは、マンガ家のハジメと宇宙人のズビが“マチのひみつ”を調べて、わかったことをイラストにまとめていく社会科番組です。今回は「ズビの星のまちの未来を、もっと暮らしやすくする」ための“よりよいまちをつくるヒント”を探します。

1年前、ズビが突然現れた時は、自分の住むまちにあまり興味がなかったマンガ家のハジメ。ズビも自分が「おもしろそう」と思うことにすぐ飛びつくやんちゃな宇宙人でした。
ところが今回のズビは今まで調べたイラストを部屋中に広げ、「星のマチの未来」について真剣に考え、悩んでいます。そんなズビにハジメは「ズビ、きっと答えはまちにあるよ。まちに出かけよう!」と誘いだします。2人がコンビでまちを調査しつづけ、社会を知り、成長した証です。

2人がまちで見つけたのは「まちづくりハウス」という看板。そこの人によると「まちの人たちが中心になって、まちの困りごとや、どうやったらまちが楽しくなるかを、いっしょに考えていく場所」とのこと。
その活動の成果となった例として訪れた近所の公園は、水遊びができる場所があったり、木登りやボール遊びが自由にできたり、広くて、すてきな場所でした。ハジメもズビも大はしゃぎします。このシーンの撮影をハジメ役の岸田メルさんは心から楽しんだそうです。
20180227konomati2.jpg
しかしそこは、もともと、まちの資材や放置自転車などが置かれていた場所。そこを“よりよいまちづくり”のために、親しまれる公園にしたいと取り組みました。大人やお年寄りはもちろん、子どもたちも集まって意見を出し、何年も話し合いなどの努力を重ね、まちの役所の協力も得て完成させたのです。
「子どもたちだってまちづくりの主役。まちの人たちひとりひとりが、まちをつくる一員だという気持ちで力を合わせれば、必ずすてきなまちにできる」ということをズビたちは学びます。
20180227konomati3.jpg
1年の学習をしめくくる今回、あのチョーさんも、再び登場!社会科を学ぶ教室のみなさんに熱いメッセージを届けます!
20180227konomati4.jpg
そして、番組のラスト。ズビからハジメに衝撃の告白があります。まさかのお別れ?それとも…。1年を通じて育まれてきたハジメとズビのきずなの強さ、2人の成長ぶりなども今回の見どころです!!

ズビとハジメの「まちしらべ」をとおして、社会的なものの見方・考え方を楽しく学べる番組・コノマチ☆リサーチ。4月から再び第1話から放送されます。また、番組ホームページでは、今回の放送後、すべての回の視聴がいつでもできます。
これからもぜひ、社会科の授業や家庭での視聴でコノマチ☆リサーチを活用してください。

コノマチ☆リサーチ「これがオイラのつくりたい“マチ”だ!」
<Eテレ 7(水)午前9:10~9:20>
<Eテレ 14(水)午前9:10~9:20>(再)
<Eテレ 16(金)午後3:30~3:40>(再)
※本放送後からすべての回が視聴できます。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:04

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲