2018年01月25日 (木)銀河銭湯パンタくん「朝も昼も夜もあそびたい」


 20180123panta3.jpg

銀河銭湯パンタくんは、小1~2年生向けの道徳番組。2313年の地球を舞台に銭湯「銀河の湯」の元気な息子・パンタくんが仲間たちと繰り広げる友情ストーリーです。今回のテーマは「ゲームのやりすぎ」。

パンタくんと仲間の間では、通信型ゲームが大流行。点数のランキングが出るので、みんなが1位になろうと必死です。パンタくんは家に帰ってからもほとんど寝ずにゲームをやり続け、朝は食欲もありません。
20180123panta1.jpg

20180123panta2.jpg
様子がおかしいとパンタくんの部屋に来たお母さんは物が散らかしっぱなしで、宿題もやっていないことに大激怒! 宿題をやると答えたパンタくんですが、ドッチロンたちに「ゲーム?宿題?ドッチ?」と迫られ、ゲームを選んでしまいます。その結果ずっと眠くて、大切なお手伝いである銭湯のそうじにも身が入らず、お風呂場を泡だらけに。

疲れ果てたパンタくんは部屋で倒れこみ、そのまま眠ってしまいました。目が覚めたときは早朝。驚いて外へ飛び出すと、そこには優雅に散歩をするドレープさんがいて「わたくしは日の出前の、この時間の澄んだ空気が好きなんですのよ」と語ります。
ドレープさんと一緒に朝の銀河町を散歩すると、いつもの町が違って見えたり、いろんな人が早起きして活動しているのに出会ったり、美しい朝日を見たりすることができました。
「なんか気持ちいい~」とパンタ君は早起きの良さを発見します。朝食もおいしく食べられます。パンキチにゲームを差し出されても「今日はいいや、外に遊びに行こう!」とすっかり元気なパンタくんに戻りました。

20180123panta4.jpg
ただ「やめなさい」と叱られても、なかなかやめることのできないゲームですが、それよりもっと楽しいことが町や世界にある!とわかれば、パンタくんのように、ほどよくゲームと距離をおくことができるかもしれません。そんな発見が子どもたちもあるといいですね。

銀河銭湯パンタくん「朝も昼も夜もあそびたい」
<Eテレ 26(金)午前9:15~9:25>
<Eテレ 2/2(金)午前9:15~9:25>(再)
※本放送後から番組ホームページで動画を見ることができます

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:12:37

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲