2018年01月10日 (水)ドスルコスル 「こうする編」に突入! 子どもたちの知恵で商店街復活を目指す!


20180110dosuru1.jpg
ドスルコスルは子どもたちが「調べたい!」「解決したい!」と思えるような現代社会の課題を見つける“どうする編”と、子どもたち自身がそうした課題と向き合う“こうする編”からなる、総合的な学習の時間に役立つ番組です。
新年から待望の”こうする編”がスタート。昨年10月12日に放送された第1回「どうする?町が住みづらくなる」に対応する「こうする!商店街を救え」が明日1月11日に放送されます。

近隣の大型ショッピングセンターに客足を奪われ、「シャッター商店街」といわれてしまっている、横浜の戸部大通り商店街。この商店街を横浜市立戸部小学校5年1組のみんながどんなふうに盛り上げようとしたのかを紹介します。

20180110dosuru2.jpg

子どもたちがまず取り組んだのはお店の人たちに”戸部大通り商店街”の良さをきいてまわること。「お客さんと仲良くなり、良い気分になれる」「地域の人と交流ができる」など、お店の人たちがお客さんとのつながりを大切に思っていることがわかりました。

その取材を元に商店街の良さを伝えるポスターを作るため、子どもたちは話し合います。「写真は?」「キャッチコピーは?」より良いポスターにしていくため、再度商店街の会長さんに話を聞きにも行きます。”本当に伝える力のあるポスター”を作ろうとする一生懸命な姿からは、ポスター制作と同時に、子どもたち自身も街をよく知り、好きになっていく様子が伝わってきます。

 20180110dosuru3.jpg

素敵なポスターが完成した後も、子どもたちは商店街を盛り上げるための他の方法の話し合いを続けます。自分たちで調べているうちに、ポスター作りがゴールではないと、自ら気づいたようです。
まずは起きている問題をよく知ること、その上で自分たちで調べ、考え、解決策を提案していくこと。ドスルコスルを通して、子どもたちが持つ大きな可能性を信じられるようになるかもしれません。引き続き放送される環境、福祉、防災、国際理解といったテーマ毎の”こうする編”にご期待ください。

ドスルコスル「こうする!商店街を救え」
<Eテレ 11日(木)午前9:35~9:45>
<Eテレ 18日(木)午前9:35~9:45>(再)
<Eテレ 2/13(火)午後3:30~3:40>(再)
※本放送後から番組ホームページで視聴できます。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:15:54

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲