2018年12月

2019年、年明けスペシャル番組ラインナップ!


年始放送の3つの特別番組を紹介します!
20181223Euta1.jpg
Eテレ60「Eうた♪ココロの大冒険」
<Eテレ 2019年1/1(火・祝)午前9:00~10:10>
<Eテレ 2019年1/3(木)午後9:00~10:10>(再)

2019年に放送開始60年を迎えるEテレ。数々の番組の中で放送されてきた歌「Eうた」を、今の子どもたちと、かつてEテレを見て育った大人たちに贈ります。
番組はEテレの歌をめぐる冒険をテーマにした“少年ドラマ”を軸に進行します。ドラマの主人公は寺田心くんが演じ、朝の連続テレビ小説や人気番組の登場人物も多数出演します。
歌の出演では木村カエラ、King & Prince、Perfumeほか、日本の音楽シーンを代表するアーティストが勢揃いします。
幅広い世代に向けたEテレならではのエンターテイメント番組をお楽しみください。

 

20181225kamakiri1.jpg
香川照之の昆虫すごいぜ! お正月スペシャル カマキリ先生☆冬の森で初暴れ
<Eテレ 2019年1/1(火・祝)午後6:00~6:44>
<Eテレ 2019年1/3(木)午前8:20~9:04>(再)

「人間よ、昆虫に学べ!」を合い言葉に俳優・香川照之さんがカマキリ先生になり、熱い授業をくり広げる番組。9作目となる最新作は拡大版44分でお送りします。カマキリ先生が冬の森で、朽木の中に眠るクワガタ探しに挑みます。そして、森の中に用意したカマキリ先生専用コタツに入り、これまで8回の放送を振り返って、とっておきの裏話や放送できなかった未公開の実験などをたっぷりと大放出!さらに、カマキリ先生のキモいりで現在進行中の「カマキリ」プロジェクトについてもご紹介。2019年も香川照之の昆虫すごいぜ!は、すごいぜ!と感じるはずです。12/31の3本連続再放送もお見逃しなく!

3本連続再放送 香川照之の昆虫すごいぜ!
「4時間目 クマバチ」<Eテレ 31(月)午前9:00~9:30>
「特別編 実録!完全変態」<Eテレ 31(月)午前9:30~10:00>
「5時間目 ハンミョウ」<Eテレ 31(月)午前10:00~10:30>

 

20181225karafuru1.jpg
カラフル!スペシャル 「ぼくはジョン・レノンになる!」
<Eテレ 2019年1/4(金)午前9:40~10:10>

10歳前後の子どもの“挑戦”や“葛藤”を描くドキュメンタリー番組カラフル!を30分拡大版で放送します。
特別版にふさわしく、ナレーターを銀杏BOYSの峯田和伸さんがつとめます。峯田さんは本番組がテレビ番組のナレーション初挑戦となります。
今回の主人公は佐賀県に住む小学6年生の彩人(あやと)くん。3歳からギターを始め、ジョン・レノンに憧れています。彼は夏にある目標を立てます。「ビートルズのようなバンドを結成して、ライブをしたい!」。果たして彩人くんはジョン・レノンのようなリーダーシップで、仲間とともに最高のデビューライブを飾れるのでしょうか?小さな胸に大きな夢を抱いた少年たちの熱い夏から目が離せません!

 

Eテレ60「Eうた♪ココロの大冒険」
<Eテレ 2019年1/1(火・祝)午前9:00~10:10>
<Eテレ 2019年1/3(木)午後9:00~10:10>(再)

香川照之の昆虫すごいぜ! お正月スペシャル カマキリ先生☆冬の森で初暴れ
<Eテレ 2019年1/1(火・祝)午後6:00~6:44>
<Eテレ 2019年1/3(木)午前8:20~9:04>(再)

カラフル!スペシャル 「ぼくはジョン・レノンになる!」
<Eテレ 2019年1/4(金)午前9:40~10:10>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:47 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

これは見逃せない!年末スペシャル番組を紹介!


2018年もあと少しで終わりですね。
今年をしめくくるスペシャル番組を3本一挙にご紹介します。
20181218nenmatu1.png
青春はハモりだ!~Nコン全力合唱物語2018~
総合24(月)午前8:15~9:48
NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)の舞台裏に密着したドキュメントです。Nコンは、のべ8万人の小・中・高校生が参加する日本有数の合唱コンクール。番組では、全国で1000をこえる学校が出場した中学校の部を中心に取材。夏休みに行われた各都道府県のコンクールから、10月NHKホールで行われた全国コンクールまでの道のりを、NHKの地域放送局と連携し撮影しました。ナレーションは注目の若手俳優・村上虹郎さんと、DJでナレーターの秀島史香さんです。どうぞお楽しみに!

 

20181220nenmatu1.jpg
全日本なわとびかっとび王選手権2018
総合26(水)午後7:30~8:43
全国の予選を勝ち抜いた小学生のチームが、1分間で長なわとびを、のべ何人跳べるかを競う大会です。7回目となる今年は、史上最多128チームがエントリー。厳しい練習の中で、絆を深めてきたチームが巻き起こす1分間の真剣勝負をご覧ください。なお、本大会は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より「東京2020公認プログラム」の認証を受けています。

 

20181217nihon5.jpg
まるごと見せます!世界の教育コンテンツ~「日本賞」2018~
Eテレ30(日)午前10:00~午後0:30
NHKが主催する教育コンテンツの国際コンクール日本賞。第45回を数える今年は、65の国と地域から378の作品が寄せられました。
グランプリ「日本賞」を受賞したのは児童向けカテゴリーの『マイ・ライフ ビデオブログが私の人生』。10万人のフォロワーを持つ12歳の人気ビデオブロガー、ニッキーは顔が変形する難病がありながら、明るく前向きなメッセージを発信し続けています。
20181217nihon1.jpg
このほか、幼児向け・青少年向け・一般向けの各カテゴリーで最優秀賞を受賞した作品を日本語版でご紹介します。また期間中に行われた公開イベント「教育×未来」「教育×多様性」などのテーマで行った上映会やディスカッションの様子も。授賞式の司会は長年『おかあさんといっしょ』に出演した歌手の横山だいすけさんと杉浦友紀アナウンサーです。


青春はハモりだ!~Nコン全力合唱物語2018~
<総合 24(月)午前8:15~9:48>

全日本なわとびかっとび王選手権2018
<総合 26(水)午後7:30~8:43>

まるごと見せます!世界の教育コンテンツ~「日本賞」2018~
<Eテレ 30(日)午前10:00~午後0:30>

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

17(月)からスタート!『冬のテレビクラブ』を紹介!


20181214hi.jpg

今年もEテレでは「冬のテレビクラブ」として、学校放送番組の特集や再放送をお送りします。12月17日(月)~28日(金)と1月4日(金)9:00~10:15、15:30~15:40(土日・祝日除く)です。

平成30年度後期新作の「ストレッチマン・ゴールド」や「u&i」、10月に放送された「もやモ屋」などを一挙に放送!

ぜひご覧下さい。

冬のテレビクラブ

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:07 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

「平成30年度 第2回教育放送企画検討会議」報告


20181212kikaku1.jpg
12月8日(土)、東京・渋谷のNHK放送センターで「平成30年度 第2回教育放送企画検討会議」が行われました。全国の幼稚園や保育所、小・中・高校の先生、そして研究者や番組制作者、およそ120人が一堂に会し、来年度のNHK for Schoolの番組やウェブサイトのあり方などについて、活発に意見が交わされました。

20181212kikaku2.jpg

<全体会>
まずNHKより、来年度の番組の制作方針が示されました。新学習指導要領に対応した小学校の番組整備はもちろんのこと、2021年度に新指導要領の全面実施を向かえる中学校の番組充実、幼保・小連携に資する番組やコンテンツ制作にも力を入れる予定です。
文部科学省からは「教育情報化」の進捗状況、学校現場や社会全体で取り組まなければならない課題についてなど、研究者からは「スタートカリキュラム」に関してNHK for Schoolに期待することなどをお話しいただきました。

20181212kikakuvybbja1.jpg
<分科会>
その後、幼・保、小、中・高、デジタルの部会にわかれて分科会が行われました。
幼・保、小、中・高分科会では、おもに来年度に制作・放送予定の番組について、試作版を実際に視聴してみての改善点や、開発にあたっての要望や期待など、2時間以上にわたり話し合われました。
デジタル分科会では、NHK for Schoolのウェブサイトの使い勝手や、将来に向けてNHKが提供すべき教育・学びのデジタルサービスについて、意見交換が行われました。

20181212kikakuheikai2.jpg
ここで審議された内容は、さらに各教科・シリーズごとの「学校放送番組委員会」にはかられ、その上で来年度の具体的な番組内容に反映されます。
新番組については、決まり次第このブログでお伝えいたします。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:14 | カテゴリ:イベントなど | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

いじめをノックアウト "マダ友プロジェクト"で悩みを分かち合おう!


20181203ijime6.jpg
歌手の高橋みなみさんと、いじめについて考える番組いじめをノックアウト
7日(金の)放送は「はき出せない悩み どうする?~マダ友との手紙~」、14日(金)は「友達からのSOS!あなたは何を伝える?」です。
   
7日は、なかなか人に言えない“悩み”に焦点をあてて、宇都宮市立陽東中学校生徒会執行部のみなさんが話し合います。
身近な人に相談したくてもできないのはどうしてでしょう?
番組では「『被害妄想では?』と言われるのが怖い」「相談したあとの人間関係も気になる」など、みんなの本音がこぼれます。
20181203ijime7.jpg
そこで生徒たちは、いじめを考えるキャンペーンが展開しているサイトハナシティの中のマダ友プロジェクトに手紙を書き、悩みをはきだしてみることにします。
マダ友とは“マダ出会っていないけれど、これから出会うかもしれない”見知らぬ友だちのこと。

番組では、全国のマダ友(10代)から届いた悩みの手紙を、スタジオで紹介するとともに、そうした悩みの手紙を使って「自分の悩みと向き合おう」と授業を行った、東洋大学京北中学校の授業の様子も紹介します。ぜひご覧ください。

madatomo1.jpg

14日放送の「友達からのSOS!あなたは何を伝える?」は、7日放送の番組と合わせて見ていただくと、より活発な話し合いが期待できる回です。番組はマダ友プロジェクトに届いた一通の手紙で始まります。『悪口を注意したら、自分も仲間はずれにされてしまった』と言う小学校6年生の女の子・RNさんの悩みがつづられていて、川崎市立東菅小学校6年2組のみなさんが、返事を考えます。
20181203ijime2.jpg
「どんな返事を書けば、RNさんの心に届くのか?」それぞれの意見を交わしながら、子どもたちは、RNさんが置かれた立場や気持ちへの理解を深めていきます。最後にクラス全員が書いたRNさんへの返事には、どんな言葉がつづられているのか?高橋さんと一緒に読んでいきます。また、高橋さんも、RNさんへお返事を書きました!

マダ友プロジェクトは友達関係、勉強、恋愛など、どんな悩みでも受け付けています。多くの子どもたちの声が集まるように、学校や団体でも参加できるようになりました。
20181203madatomo1.jpg
掲載された手紙をきっかけに話し合ったり、子どもたちがなかなか言えない不安や悩みをはき出したりする場として活用してみてはいかがでしょうか?
自分の気持ちを手紙に書いたり、マダ友の手紙に返事を書いたりすることで、お互いを思いやり・支え合う心が育まれていきます。学校・団体での申し込みはコチラから!
ぜひ、ご参加ください!

いじめをノックアウト「はき出せない悩み どうする?~マダ友との手紙~」
<Eテレ 7(金)午前9:50~10:00>
<Eテレ 8(土)午前11:30~11:40>(再)   
<Eテレ 22(土)午前11:30~11:40>(再)

いじめをノックアウト「友達からのSOS!あなたは何を伝える?」
<Eテレ 14(金)午前9:50~10:00>
<Eテレ 15(土)午前11:30~11:40>(再)   
<Eテレ 20(木)午前9:50~10:00>(再)  
<Eテレ 21(金)午前9:50~10:00>(再)
<Eテレ 29(土)午前11:30~11:40>(再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:16:20 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ふしぎエンドレスの使い方 ~先生向け活用ガイド発行!~


20181129fusigi1.JPG
ふしぎエンドレス理科3は、児童が「みずから」問題を発見し、根拠ある予想を立て、結果を見通して実験を計画し、その結果を考察してまとめるという「資質・能力の育成」を重視した番組で、2020年度から全面実施される新学習指導要領についてNHKの理科教育チームが綿密に取材し、対応した内容となっています。
20181203fusigi1.JPG
「正しい知識を伝える」ことではなく、「問題解決の力を育む」ことを強く狙っているため、正解が示されないなど、これまでの理科番組と大きく違っているのが特徴で、番組の活用の仕方も「番組を見せる」のではなく、「番組を使う」という積極的な意識が不可欠になる番組です。

主体的で対話的で深い理科の授業を実現するのに効果の高い番組ですが、利用の仕方になれるまで、ちょっとコツが必要ということで、この度、先生向けの番組活用ガイド「番組の使い方」ができました!
http://www.nhk.or.jp/rika/endless3/teacher/bangumi.html
zu.png
番組のコンセプトや教科調査官のメッセージに加え、各学年の番組を1つピックアップして、【一括視聴】と【分割視聴】する場合の活用例が簡単に記してあります。それぞれの番組にも詳細な活用案がついていますが、「ふしぎエンドレスをどう使ったらいいの?」と迷われた時は、ぜひ、このガイドをご覧になると、イメージがつかみやすいと思います。

ふしぎエンドレスを使った新しい理科の授業にぜひ、挑戦してみてください。

ふしぎエンドレス 理科3年<Eテレ 毎週火曜 午前9:10~9:20>
ふしぎエンドレス 理科4年<Eテレ 毎週火曜 午前9:20~9:30>
ふしぎエンドレス 理科5年<Eテレ 毎週火曜 午前9:30~9:40>
ふしぎエンドレス 理科6年<Eテレ 毎週火曜 午前9:40~9:50>
※放送された回は各ホームページで視聴できます。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:19:51 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲