2017年1月 5日

ことばドリル「うれしくてたのしくて」 授業リポート


170105koto1.JPG

ことばドリル は、番組とドリル教材で読み書きのルールを学べる番組です。2016年11月18日(金)に、東京都杉並区立天沼小学校2年3組で、ことばドリル「うれしくてたのしくて」 を使った授業が、第67回放送教育研究会全国大会の公開授業として行われました。

★ みんなで、番組の問題を解いてみよう!
 
授業が始まると担任の大中奨(しょう)先生は、「昨日は〈うれしかったこと〉をテーマに作文を書いてもらいましたね」と言って、その中からひとつ文章を読み上げました。

ピアノのれんしゅうをして、じょうずといわれてうれしかったです。

先生は「このように、『うれしかったです』と書いていた人がたくさんいました。でもこれだと、書いた人がうれしかったんだということはわかるけど、どんなふうにうれしかったのかわからないよね。今日はここに“どんなふうにうれしかったかがわかる言葉”を加える勉強をします」と言い、黒板に〈気もちがよくつたわることばをつかって作文しよう〉という「めあて」を貼りました。そしてパソコンで番組を再生し、前方のスクリーンに大きく映し出しました。 

===【 ことばドリル「うれしくてたのしくて」 あらすじ】===
はかせが作ったロボットが、おつかいをして戻ってきました。このロボット史上初の快挙を多くの人に知ってもらうため、記者会見が開かれました。
会見では、記者たちがロボットにおつかいの感想などを質問しました。しかしロボットは何を聞かれても「ウレシカッタ」としか答えません。記者たちは「どううれしかったのかわからないと、記事にならないな」と、帰ろうとします。あわてた博士は、ロボットに無理に、どううれしかったのかを言わせようとし、とうとうロボットは壊れてしまいます。

170105kotoba1.png

===============
子どもたちは、登場人物のコミカルな動きに笑ったり、問題の答えを考えたりしながら、楽しそうに番組を見ていました。

170105koto2.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲