2016年8月 3日

未来広告ジャパン!「守り育てる漁業」授業リポート


160804mirai1.JPG

未来広告ジャパン! は、日本の国土と産業について学ぶ5年生向けの社会科の番組です。7月1日(金)、東京都千代田区立番町小学校5年1組で、未来広告ジャパン!「守り育てる漁業」 を活用した授業が行われました。その様子をリポートします。

★ “漁業が抱える悩み”を解決するヒントを探そう!

まず、担任の山田美紀先生は、前回の授業で考えた“漁業が抱えている悩み”について確認しました。
① とれる魚の量が減っている 
② 漁業で働く人が減っている
③ あまり魚を食べなくなっている

先生は「これから 未来広告ジャパン!を見ます。この3点の解決策につながるヒントが出てくるかもしれませんね」と言ってテレビをつけました。

======【未来広告ジャパン!「守り育てる漁業」視聴】======
魚を守り育てる漁業について調べるため、キラトは兵庫県の淡路島へ。そこで、さわらの漁を続けて30年になる播磨さんから話を聞き、漁師たちが少しでもさわらが増えるように努力していることを知ります。番組では、人の手で魚を育てる「養殖」についても紹介します。魚をとるだけではなく、守ったり育てたりする漁業があることを知ります。
=========
番組中、局長がクイズに登場するフグの顔をまねる場面で、子どもたちは大爆笑。一方で、小さな稚魚の姿が、顕微鏡の映像で映し出されるシーンでは、「すごい!」という声があがるなど、子どもたちは集中して番組を視聴していました。

160804mirai2.JPG 160804mirai3.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:16:52 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

コノマチ☆リサーチ「スーパーマーケットのひみつをさぐれ!」 (8/12ほか)


160803kono1.JPG

かつて、チョーさんが自転車で町じゅうを走り回り、わかったことを模造紙に描いてまとめた たんけんぼくのまち 。その流れをくむ小学校3年生向け社会科のパイロット番組がこの夏、放送されます!
その名は コノマチ☆リサーチ 。小学3年生の子どもたちが、自分が暮らすまちやまわりの人びとの仕事などに興味をもち、社会を学ぶうえでの見方や考え方を楽しく身につけてくれる番組を目指しています。
主人公は、架空のまち民奈野市(みんなのし)で暮らす売れない漫画家のハジメ。彼は買い物の帰りに宇宙人ズビと出会います。ズビは言います、「おいらの星には“まち”が無くて、みんな不便な暮らしをしてるんだ。地球には“まち”があるって聞いて、どんなものかを調べに来たんだ!」。ハジメの買い物袋の中身から「スーパーマーケット」に興味を持ったズビは、スーパーのひみつを一緒に調べてくれるよう頼みます。そして調べてわかったスーパーのひみつを、ハジメがイラストにまとめると・・・。

160803kono.jpg

ハジメを演じるのはネット界でも人気の若手イラストレーター岸田メルさん。ふだんは美少女のイラストで有名な岸田さんですが、この番組ではチョーさんにも負けない“まとめイラスト”を披露。さらに相棒の“宇宙人ズビ”も、岸田さんの筆によるデザインです。NHKのお家芸ともいえる人形劇の技と、声優の久野美咲さんの声が、ズビに命を吹き込みます。

コノマチ☆リサーチ では、ご意見、ご感想を大募集します。「こんな授業をしてみたい!」といった声もぜひこのブログにお寄せください!

160803kono2.jpg

160803kono3.jpg

コノマチ☆リサーチ 「スーパーマーケットのひみつをさぐれ!」
< Eテレ12(金) 午後3:30 ~3:40 >  ※場合により変更・休止の可能性があります
< Eテレ19(金) 午前9:40 ~9:50 >   (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:14:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲