2016年1月29日

発達障害という"個性"に理解を求めて


150129hayakawa.png

 発達障害という言葉を聞く機会が多くなったと感じる方も多いと思いますが、今回は、私が番組を通じて出会った二人の若者を通して、発達障害への理解の大事さについて考えたいと思います。

■ 出会ったのは

 音楽を通じて発達障害について理解を広めようと活動している双子の兄弟、その名も「発達インズ(はったついんず)」。ノブさん、アキさんの兄弟です。二人とも広汎性発達障害と診断されています。アマチュアのミュージシャンとして、ギター1本でデュオを組んで自分たちの経験をユーモラスに歌っています。

■ その歌詞を紹介しましょう

 「広汎性発達ショータイム」(一部省略)

 レジのバイトしてるとき
 やたら僕に並ぶ人が居る
 後から知ったことだが
 いつもオツリが多めだった
 店に自腹切る

 “ 真面目・天然・大人しい ”
 職場の人によく言われる
 それを皮肉と気付かず
 真に受けしかもちょっと照れてる
 裏を読めないから
 拍車かかっちゃう

 バリアフリー、労働のバリアフリー
 バリアフリー、会話のバリアフリー
                     (ISRC:TCJPB1481105)

 この曲は、アキさんの実体験に題材をとったものだということです。
 アキさんは、もともと計算は得意な方だと言います。しかし、二つのことを同時にこなすのが苦手。バイト先で、忙しくなってくると混乱してしまい、つい釣り銭を間違えてしまう。差額は月に数千円にもなり、自腹で支払っていたという体験談に基づいています。お客さんは、オツリを多めにもらえるから、アキさんの方に好んで並んでいたというわけです。発達障害ではない人にも理解できて笑える、そして発達障害の人にも「あるある」と思ってもらえるような失敗談を選んで歌詞にしたのだということです。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:13:30 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲