2016年1月21日

昔話法廷「『白雪姫』裁判」授業リポート


160121mu1.JPG

昔話法廷 は、なじみ深い昔話の登場人物を裁判にかける、法教育を目的とした、これまでになかった法廷ドラマシリーズです。この番組の特徴は、最後まで判決が出ないこと。判決は、視聴者であるあなたにゆだねられます。2015年12月22日(火)、京都市立西京高等学校附属中学校3年C組で、昔話法廷「『白雪姫』裁判」 を使った道徳の授業が行われました。昔話法廷 は、公民や総合の時間で多く利用されていますが、今回は道徳の授業で使った例をお伝えします。

★ 王妃は有罪?それとも無罪?

先生はひととおり白雪姫のストーリーを生徒全員で確認した後、番組を流しました。

===【 昔話法廷「『白雪姫』裁判」 あらすじ】===
とある法廷で、裁判員裁判が始まりました。裁判員に選ばれた大平まみは、この裁判の判決を考えなくてはなりません。被告人は、王妃。白雪姫に毒リンゴを食べさせて殺そうとした罪に問われています。
検察官は、白雪姫の美しさに嫉妬した王妃が、白雪姫を殺そうとしたと主張します。そして被害者である白雪姫と、王妃から白雪姫の殺害を命じられたという狩人を証人によび、王妃の殺意が明白であることや、アリバイもないことなどをあげ、王妃は有罪だと主張します。対する弁護人は、王妃が犯人であるという証拠が不十分であるとし、白雪姫が初めて王子に会ったというのは嘘だと訴えます。はたして王妃は、白雪姫を殺そうとしたのでしょうか?それとも、無罪なのでしょうか?
========

160121mu3.JPG 160121mu2.JPG

生徒たちは、自分が裁判員になったつもりで、ワークシートにそれぞれの証言や証拠について重要度を考え、メモを取りながら番組を視聴していました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲