2016年1月18日

ハートネットTV「シリーズ不登校」 (1/28~)


151201he1.JPG

「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた福祉番組 ハートネットTV
「WEB連動企画“チエノバ”」では毎月一つのテーマを決め、番組ホームページに寄せられた声を「道しるべ」や「知恵」にして、皆さんの悩みや心配、関心に応えています。〈写真は出演の、久保純子さん(中央)、荻上チキさん(右)、山田賢治キャスター(左)〉。

1月と2月のWEB連動企画“チエノバ”では、2回シリーズで「不登校」についてじっくり考えます。

第1回は「子どもの声に向き合う」。
今、いじめなどが原因で小中学校を休みがちな児童・生徒は約12万人いると言われています。友人関係、生活リズムの乱れ、勉強、先生との関係など、理由はさまざまです。そこで1月は、子どもたちが今、何に悩んでいるのかを知るため、WEBを介して出来るだけ多くの声を集めます。また、子どもたちを追いつめてしまいがちなのが、周囲の大人です。無理に学校へ行かせようとすると、逆効果になりがちです。不登校になった子どもへの接し方も考えていきます。

第2回は「“経験者”の声から」(仮)
1月の放送への反響とともに、「かつて不登校を経験した」という大人からの声を中心に取り上げます。不登校の渦中にいる子どもたちや親にとって、何が必要なのか?社会はどう向き合えば良いのか?カキコミやメールで寄せられた“経験者”の声をもとに考えていきます。

 

ハートネットTV シリーズ不登校

第1回「子どもの声に向き合う」
< Eテレ 1/28(木) 午後8:00~8:29 > ※ 生放送 ・ Twitter ハッシュタグは「# チエノバ」
< Eテレ 2/4(木) 午後1:05~1:34 > (再)

第2回「“学校”って何だろう?」
< Eテレ 4/7(木) 午後8:00~8:29 >
※当初は2/25(木)に放送する予定でしたが、2月の「チエノバ」は緊急特番として「薬物依存」を取り上げることになったので、放送日が変更になりました。

 

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:17:50 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲