2016年1月15日

先生をどう育てる?


160115hayakawa.png

 学校の先生の若返りが進んでいる中で、先生をどう育てるのかが大きな課題になっています。文部科学省の中教審・中央教育審議会は、自ら学ぶ姿勢を持ち続ける先生を育てようという提言をまとめました。

■ 先生をとりまく環境は

 第2次ベビーブーム世代の教育のため大量に採用された先生たちが定年の時期を迎えていることで、全国的に急速な若返りが進んでいます。このため、管理職になる先生の不足が起き、これまで当たり前に行われてきた先輩が後輩の面倒をみるという教育内容や指導方法の伝承が難しくなってきています。一方、授業ではアクティブ・ラーニングという課題解決型の学習方法の導入が進められていて、力量の向上も問われます。中教審は、これらの課題に対応するための提言をまとめ、12月21日に馳文部科学大臣に提出しました。

■ 提言の柱は

 「教員養成」、「教員採用」、「教員研修」、これら3つの段階ごとの改革とそうした段階をつなぐ改革の4点に集約されます。具体的には、①「教員養成」の改革としては「学校インターンシップ」の導入を、②「教員採用」の改革としては都道府県ごとに作成してきた採用試験問題を国が作ることを、③「教員研修」の改革としては校内研修を充実させるため指導的教員(メンター)の配置を、④養成に取り組む大学、現場の学校、採用・研修を担う教育委員会をつなぐ協議機関として「教員育成協議会」をつくり、どんな先生を育てたいのか「教員育成指標」を設けることなどを求めています。

■ 「学校インターンシップ」とは

 これまでの教育実習に加えて、大学1年に入った時点から就業体験として行うものです。教育実習は教員免許状をとるための条件として、多くは4年生の春に4週間(高校の場合は2週間)程度行いますが、期間が短いこともあり、教科指導に偏りがちで、部活や事務などの実務を経験する機会に乏しいことが指摘されてきました。そこで先生をめざす学生に長期間にわたって学校に定期的に通い、子どもたちの遊び相手や先生の授業の補助、部活指導の手伝いなどを経験してもらおうというものです。就業体験を重ねることで、先生という職を選ぶことが本当に自分に合っているのかを考えてもらおうというのです。大学の判断によっては単位として認めたり、教育実習の一部に繰り入れたりすることもできるようにするとしています。ただ、多忙化が叫ばれている中、現場の受け入れ校や指導教員の負担が重くなり過ぎることはないのか、その点が大きな課題です。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:20 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲