2016年1月 7日

オン・マイ・ウェイ!「動物と生きるためには?」 授業リポート


160107on1.JPG

オン・マイ・ウェイ! は、いろいろな困難に立ち向かう挑戦者たちが、人生の途中でなにを考え、どう行動したかを追うドキュメンタリー番組です。2015年12月11日(金)、神奈川県横浜市立東汲沢小学校6年2組で、オン・マイ・ウェイ!「動物と生きるためには?」 を使った道徳の授業が行われました。

★ 野生動物と人間の生活、どちらを守る?

授業が始まると、担任の吉田圭一先生は子どもたちに、野生動物というと何を思い浮かべるか尋ねました。「くま」「さる」「チーター」。そのイメージは「凶暴」「暴れる」「かっこいい」・・・。そして家でペットを飼っている人を聞くと、ほとんどの子が手をあげました。
先生は「今日は、野生動物について考えてもらいます」と言って番組を流しました。

===【 オン・マイ・ウェイ!「動物と生きるためには?」 あらすじ】===

今回の主人公は、北海道の獣医師・森田正治さんです。住民によって運び込まれる、傷ついた野生動物を助けています。中でも最近多く運びこまれるのが、エゾシカです。今、北海道ではエゾシカが増えすぎて、農業被害が相次いでいます。その額は北海道全体で45億円以上。そこで農家の人たちは、エゾシカの駆除に乗り出しました。
森田さんは、農家の人から「なぜ、シカを助けるのか」と言われ、悩みます。動物の命と、自分たち人間の生活。どちらを優先すべきなのでしょうか。

==================

160107on2.JPG 160107on3.JPG

先生は黒板に、番組のテーマである〈動物といっしょに生きていくためにはどうしたらいいんだろう?〉と書いた紙をはりました。
ある男の子は、「動物と生きていくには、動物と真っ正面から向き合うことが大事だと思いました」と発言し、多くの子がうなずきました。

ここでみんなで、登場人物の行動を振り返りながら、意見を出していきました。
まず森田さん。けがをして運び込まれた野生動物を助け続け、その数は2000頭以上になります。「ペット以外の野生の動物も無償で助けて、偉いと思いました」「動物の命か、人の生活か、どっちを優先するか迷っていて、すごく共感しました」と、次々に肯定的な意見が出されます。

一方で野生動物は、深刻な農業被害をもたらしています
農家の人について子どもたちは、「自分たちが育てた作物を、エゾシカに食べられてしまう」「電気柵を巻いたりしても乗り越えてくるから、ハンターに駆除してもらっている」と、事実関係をあげていきました。“駆除”という言葉は少し難しいため、すぐ辞書をひいてその意味を調べていました。
先生がエゾシカを始末することについてどう思うか尋ねると、「エゾシカがかわいそう」「でも、ハンターも農家の人も好きでやっているわけじゃない」「農家の人は、自分や従業員の生活もかかっているからしかたなくやっているんだよ」という意見があげられました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:12:55 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲