2015年10月 6日

未来広告ジャパン!「日本の食料自給率は低いままでよいか」 授業リポート


151006mirai1-1.JPG
 
未来広告ジャパン! は、日本の国土と産業について学ぶ番組です。
2015年9月9日、宮城県仙台市立錦ヶ丘小学校5年4組で、未来広告ジャパン!「日本の食料自給率は低いままでよいか」を活用した社会科の授業が行われました。
 
★ 日本の食料自給率の現状を知って
 
今日から日本の食料生産の単元に入ります。
担任の石井里枝先生が「今までは農業や水産業の勉強をしてきました。今日からはそれをふまえて日本の食料生産について考えていきましょう。そして、この学習の締めくくりには、自分たちの考えをCMにまとめて、未来広告ジャパン!のホームページに送りましょう!」と言うと、「やった!」という声があがりました。
 
先生は、食料を考えるうえで大切なキーワードとして“食料自給率”という言葉を紹介。その意味を知ろうと番組視聴に入りました。
 
===【 未来広告ジャパン!「日本の食料自給率は低いままでよいか」を視聴 】===
局長からお弁当の差し入れがあり、喜ぶカノとキラト。ここで早速クイズ!「お弁当に使われている、米、牛肉、大豆のうち、国産の割合が一番少ないのはどれ?」。正解は大豆で10%。そんなに低いの?二人は、日本の食料自給率は全体で39%しかないことを知ります。カノは言います。「でも安くておいしい物がいっぱい食べられたら、それでいいんじゃないの?」。
======
 
151006mirai2.JPG 151006mirai3.JPG
 
ここで先生が番組とめて食料自給率の意味を尋ねると「日本人が食べるものをどれくらい日本で作っているか!」と元気な答えがかえってきました。
「何%だった?」「39%!」。
「じゃあ残りはどうしてるの?」「外国から輸入している!」。
 
先生は黒板に「日本の食料自給率は低いままでよいのか」と書き、今の段階でどう思っているかノートに書かせました。すると多くの子どもが「日本人が食べる物は日本で作るべき」と書いていました。その理由は「日本で作った物の方が新鮮だから」「国産のものが減ると、その価格が値上がりする。するとますます安い外国の物ばかり買われるようになるから」などでした。
 
151006mirai4.JPG 151006mirai5.JPG
 

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲