2015年5月29日

はりきり体育ノ介「器械運動(鉄棒)シリーズ」 授業リポート


150529tai1.JPG

はりきり体育ノ介  は、一流アスリートによる「お手本映像」などを見せることで、その実技のポイントをわかりやすく伝える番組です。2015年5月13日、東京都板橋区立上板橋第四小学校5年1組で はりきり体育ノ介 「器械運動(鉄棒)シリーズ」 のクリップ映像を視聴しながら、ICT活用の授業が行われました。

★ タブレットを活用して、鉄棒の技に挑戦!

今日は鉄棒の授業の5時間目(全6時間)。子どもたちは準備体操を終えると、グループごとに、タブレット端末1台と個々の学習カードの入ったかごを持って、鉄棒に向かいました。

まず、1人ずつ鉄棒で「とび上がり、とび下り」「つばめ」などをして、体をほぐします。

150529tai2.JPG 150529tai3.JPG

次に〈上がり技〉の練習です。グループごとに「安定したひざ掛け上がり」「ひざ掛け上がり」「逆上がり」の技に取り組みます。
懸命にそれぞれの課題に取り組む子どもたち。時折グループでタブレットを開いて、はりきり体育ノ介のクリップ映像をチェックします。そこにはオリンピック金メダリストの冨田洋之さんによる「お手本映像」が。映像には実技のポイントも簡潔に記されています。子どもたちはこれらのポイントを確認すると、すぐ練習を再開します。「足を伸ばして!こう、サッカーをやる感じで!」「わあ、あと1回でできそうだよ」・・・と、グループの仲間たちからアドバイスや声援の声が飛び交っていました。

150529tai4.JPG 150529tai5.JPG

ここで担任の浅井勝先生は、全員を集めました。そして「友達が、自分がどうしてできないかわからない様子なら、その演技を撮影してあげること」「友達を補助するときは、自分の力をあまり加えないようにすること」とアドバイスしました。子どもたちは真剣な顔でうなずき、待ちきれないようにして鉄棒に向かいました。

タブレットで友達の演技を撮影すると、それをまたみんなでチェック。「足を振るのが早いんじゃないかな」「一度止まっちゃうから、勢いがなくなるんだと思う」と、どうしたらできるようになるかみんなで考えます。みんなのアドバイスを受けた子は「わかった!もう1回やってみる!」と、鉄棒に走り出していました。

150529tai6.JPG 150529tai7.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:30 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲