2015年5月20日

「はりきり水泳ノ介」 宮下純一さんにインタビュー!


150518suiei1.jpg

はりきり体育ノ介 は、「体育が出来れば人生がより楽しくなる!」がキャッチフレーズの、小学3~6年生向けの体育の番組です。体育ノ介(たいいくのすけ)は、博士が「体育の力」をインプットし忘れてしまったため運動が苦手という、サイボーグ。水泳編では、体育ノ介の兄である「水泳ノ介」が登場します!水泳ノ介もまた、「泳ぐ力」をインプットしてもらえなかったため、泳げません。博士は彼に泳ぐ力をつけるため、研究を重ねているのです・・・。

はりきり水泳ノ介 は、水泳ノ介による「つまずき映像」と、アスリートによる「お手本映像」、そしてアニメコーナーで構成しています。「お手本映像」に出演する、北京オリンピック競泳メダリストの宮下純一さんにお話を伺いました。

――今回の収録は、屋内プールで複数のカメラを設置して行われましたね。いかがでしたか?

水中カメラを含めて7台ものカメラで撮影しました。ぼくは子どもたちの見本になるように、クロールだったら、手でかく動作を急がなかったり、肩の延長線上で入水したりという、基本の動作を丁寧に泳ぐようにしました。収録の合間に映像を確認させてもらったのですが、自分の泳ぎをスーパースローカメラで撮って見たことなどなかったので、気づく部分がいろいろあり勉強になりました。

150518suiei2.jpg 1505suiei2-1.jpg

水泳ノ介は「できないポイント」と「できるポイント」を撮っていましたが、最初は下手だった泳ぎがどんどんうまくなっていくのを見て、ちゃんとポイントをおさえたらいい泳ぎができるようになるんだなと、改めて思いました。水泳ノ介は体育ノ介よりロボットっぽく見えるので、最初から泳ぎがうまいかなと思ったのですが、そんなことはありませんでしたね(笑)。背びれも逆についているので、水の抵抗も余計受けてしまうし。水泳ノ介を開発した、博士のお母さん!もっとちゃんと開発しないと!(笑)。(下写真 左:宮下さんの泳ぎと比較しての、水泳ノ介の「できないポイント」。右:水泳ノ介による「できるポイント」実演)

150518suiei4.jpg 150518suiei5.jpg

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲