2015年5月15日

できた できた できた 学校生活編「こんなときどうする?」 授業リポート


150514dekita1.jpg

できた できた できた  は、 小学1年生の子どもたちの生活を応援し、生活習慣や学校のルール、コミュニケーションの方法を、歌とドラマで楽しく伝える番組です。2015年4月23日、東京都杉並区立久我山小学校1年3組で できた できた できた 学校生活編 「こんなときどうする?」 を利用した授業が行われました。

★ ガッツ王子のような経験をしたら、どうしたらいいかな?

授業が始まると担任の丹羽富美先生は、「今日はある人の話です」と言って子どもたちに1枚の写真を見せました。あちこちから「ガッツ王子だ!」という声があがります。「そう!ガッツ王子はできた小学校の1年生です。今日は何か困ったことがあるらしいけど、知りたい?」「知りたい!」。子どもたちが喜ぶ声を受けながら、先生はテレビをつけました。

===【できた できた できた「こんなときどうする?」あらすじ】===
できた小学校のトイレは和式トイレ。ガッツ王子はそんなトイレを見たことがないため、使い方がわからず困ってしまいます。そこに校長先生が通りかかります。王子は「トイレの使い方を教えてください」と尋ねて、使うことができました。
そして授業が始まります。王子のところにプリントが回ってこなかったため、王子は「先生、プリント!」と言います。でも「プリント!」だけでは、先生は何のことだかわかりません・・・。
番組では、困ったことがあったら、先生や友達に、きちんとその内容を話して相談しようと伝えます。
「花まるロック」のコーナーでは、歌で和式トイレの使い方を伝授。「おしごとたんけんたい」のコーナーでは、おまわりさんの仕事を紹介します。

150514dekita2.jpg
======

視聴中、先生は時折子どもたちに「ガッツ王子は何か困ったことがあるみたいだね。何だろう?」と問いかけていました。
「和式トイレは知ってるけど使えないな」という子に先生は「できないよね。この歌でやり方を知ろうね」とほほえんでいました。「花まるロック」が流れると子どもたちは、楽しそうにリズムにのっていました。

150514dekita3.JPG 150514dekita3-2.JPG

番組が終わり先生が「みんなもこんなことあった?」と尋ねると、すぐに「あったよ!」という声。先生は、番組のキーシーンの写真を黒板に貼りながら、子どもたちと一緒に内容を振り返っていきました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲