2015年5月 8日

教科書検定はどう変わったのか


 150508hayakawa.jpg

 来年4月から中学校で使われる教科書の検定が終わり、4月6日に開かれた審議会で、検定に申請したすべての教科書の合格が決定されました。

■ 今回の教科書検定は

 おもに来年4月から中学校で使われるすべての教科の教科書など104点が対象になり、いったん、不合格になった「社会」の2点も含めて、最終的にはすべてが合格になりました。検定の結果、どう修正されたかはのちほど述べますが、「社会」のすべての教科書に尖閣諸島や竹島の記述が盛り込まれ、領土に関する記述の量は2倍に増えました。

■ 今回の検定、どう変わった?

 2点の変更がありました。一つは、新しい検定基準が初めて適用されたことです。論議を呼ぶことの多い「社会」で見てみますと、これまでの検定基準に3点加わりました。① 評価の定まっていない歴史的事象について特定の事柄を強調しすぎないこと ② 近現代について通説的な見解がない場合、通説的な見解がないことを明示すること ③ 政府の統一的見解がある場合は、それに基づいた記述をすること、これらの3点です。また、教科書をつくる指針となる「学習指導要領の解説書」が改訂され、それに基づいた記述も求められました。解説書では尖閣諸島と竹島を「我が国固有の領土」と明記することを求めています。このように記述の厳格化が求められたのが特徴です。

■ もう一つの変更点は?

 教育基本法の目標や学校教育の授業内容を規定している「学習指導要領」の目標などに照らして重大な欠陥がある場合は、不合格とすること。どういう意味かわかりにくいと思いますが、教育基本法の目標には、道徳心を培うことや伝統と文化を尊重すること、我が国と郷土を愛することなどが掲げられています。こうした目標に反する場合は不合格にするというものです。教科書作り全体を通してこれらの目標が意識されているかどうかを確認するという意味合いがあります。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:15:40 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲