2014年12月24日

なわとびかっとび王選手権2014 (12/31)


141222nawa1.jpg

「なわとびかっとび王選手権」は、跳び手が8の字を描きながら次々に縄を飛び抜けていく競技「8の字跳びタイムアタック」に全国の小学生が参加し、1分間にのべ何人が跳べるかを競う大会です。ことしは全国の小学校から41チームが参加し、その中から予選を勝ち抜いた5校が決勝で日本一を目指します。

今回の番組では、この決勝の模様を中心にお伝えします。
東京のNHKのスタジオに集まったのは、茨城県鉾田市立旭北小学校5・6年生、静岡県富士市立原田小学校6年生です。
鹿児市立花野小学校6年生、北海道札幌市立平岡南小学校6年生、福岡県八女市立筑南(ちくなん)小学校5・6年生とは、現地からの中継で参加します。

それぞれの学校の、これまでの練習風景も紹介します。
大会の出場の条件は、クラス全員が参加すること。なわとびの技術や体力はもちろん、一人ひとりの強い気持ちとチームワークが問われます。時には涙を流しながら、本気で仲間と向き合い、練習を重ねてきた子どもたち。番組が派遣したプロのなわとびパフォーマーのアドバイスを受けながら、自分たちの限界を超えようと努力する子どもたちの姿にご注目ください!

MCは、昨年度に引き続き、キャイ~ンの天野ひろゆきさんとウド鈴木さん。解説は日本ロープスキッピング連盟顧問のSADAさん。実況は中谷文彦アナウンサーです。
そして、札幌会場は元・ボクシング世界王者の内藤大助さん、福岡会場はあさりどの堀口文宏さんが、鹿児島会場はずんの飯尾和樹さんが、それぞれの会場を盛り上げます。

子どもたちは決勝の場でベストを尽くすことができるのでしょうか?そしてどの学校が日本一の栄冠をつかむのでしょうか?涙あり、笑いありの決勝大会の様子をぜひご覧ください!

141224nawa2.jpg

なわとびかっとび王選手権2014
  < Eテレ 31(水) 午前 9:00~10:00 >

※ 上記番組の放送の前に、なわとびかっとび王選手権2014への道 を再放送します!(放送はすべてEテレ)
・ 「パート1」 26(金) 午前10:00~10:10
・ 「パート2」 29(月) 午前10:00~10:10
・ 「パート3」 30(火) 午前10:00~10:10

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:13:40 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲