2014年12月 8日

課題解決型の授業へ 議論始まる


141208hayakawa.jpg

 学校の授業内容を10年ごとに見直すための議論が、中央教育審議会で10月20日から始まりました。今回は、その内容と課題について取り上げます。

■ この見直しは

 学校の授業内容を規定している「学習指導要領」が時代の要請にあっているかどうかを点検し、新たな課題を提起するために、ほぼ10年ごとのサイクルで行われている、いわば定期点検にあたるものです。小学校では3年前から、中学校ではおととしから、高校では去年から、それぞれ新しい学習指導要領に基づいて授業内容が変わったばかりですので、もう見直しの議論かと思われるかもしれません。しかし、これからの検討に2年、その後教科書検定に4年の時間がかかるため、今から議論しても、次に新しい授業内容に切り替わるのは早くても6年後になるために今から準備が必要なのです。

■ 今回の見直しの柱は

 小学校では、「外国語活動の時間」を今の5年生から3年生に前倒しし、必修教科としての英語を5年生から新たにスタートさせること。中学校では、英語の授業は英語で行うことにすること。高校では、日本史を必修にするなど地理歴史科の内容を見直すこと。また、国が国民投票の投票権年齢を18歳以上とする検討を行っていることを踏まえ、「国家及び社会の形成者」として必要な教養と行動規範を学ぶ、例えば「公共」といった新しい科目をつくる検討をすることなどがあげられています。こうした授業内容の見直しと同時に、学習指導や評価のあり方も一体的に見直すとしていて、とりわけ「アクティブ・ラーニング」という指導方法を取り入れる検討を進めることになったのが、今回の大きな特徴です。

■ アクティブ・ラーニングとは

 「能動的学習」とか「課題解決型学習」と呼ばれています。欧米の大学では広く行われている授業スタイルですが、日本の大学でも、ここ数年急速に広がりを見せています。それを小中学校や高校でも取り入れることを検討しようというのです。先生が課題を与えて生徒が議論をしながら解決していく、学び合いの授業スタイルと言えます。あるテーマについて事前に調べて、発表をして、意見交換をする。そして、解決に至る。大学のゼミを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲