2014年10月31日

いじめは道徳必修化でなくせるか?


141031hayakawa1.jpg

 道徳教育の改善策を議論してきた文部科学省の中央教育審議会(中教審)は、道徳を必修教科にして検定教科書を使って指導するという内容の報告をまとめ、10月21日に下村文部科学大臣に提出しました。

■ そもそもなぜ道徳を必修教科に

 大津市の中学生がいじめを受けていたのを苦に自殺したことから、いじめの未然防止策の一つとして安倍総理直属の教育再生実行会議(実行会議)が提言したものです。これを受けて、文部科学省の専門家会議(道徳教育の充実に関する懇談会)は、去年(2013年)12月に、子どもたちがこれからの時代を生き抜くためには道徳教育の充実が必要だとして、道徳を「特別の教科 道徳」(仮称)に格上げして、検定教科書を使って授業をし、記述式で成績をつけるべきだとする報告をまとめました。

■ 今回の報告は

 専門家会議の議論を引き継いで、中教審が道徳をどのような内容にするのがふさわしいのかまとめたものです。2月21日付けのコラム「特別の教科 道徳」創設の論点」でも取り上げたように、論点の一つは、教科としての道徳を学校教育の中にどう位置づけるのか、もう一つは具体的な授業の中身や指導方法をどうするのかでした。どんな結論を出したのでしょうか?
一口で言うと、実行会議、専門家会議と続いた議論をほんの少し進め、具体策は中教審で近く始まる授業内容の見直し、つまり学習指導要領の改訂の論議に先送りした。教科化の是非は議論されず、既定路線を踏まえた内容にとどまりました。
 

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:11:29 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲