2014年10月28日

ココロ部! (11/3)


141028kokoro1.jpg

ココロ部! は、子どもたちに考える力とコミュニケーション力、‘道徳力’を楽しく身につけてもらう、新感覚のドラマクイズ型教育番組です!

番組の舞台は「ココロ部」。子どもたちが日常生活の中で直面しがちな‘ピンチ’‘トラブル’に、自分ならどう対応するかについて、さまざまな側面から考えていく部です。そのことを通して、カッコイイ生き方を目指しています。「ココロ部」のメンバーは、お笑いコンビ・アンジャッシュのお2人。渡部建さんが「部長 ワタベ」、児嶋一哉さんが「部員 コジマ」役です。

今回のテーマは「‘思いやり’について考える」。
ワタベ部長の提案で、コジマは通勤途中のサラリーマンに扮して、ココロ部の部室からある場所へワープして行きます。そこで遭遇したトラブルとは・・・

ある朝、コジマを含めた乗客6人を乗せたバスが、田舎道で故障して動かなくなってしまいました。途方に暮れる乗客たち・・・。しかし通りかかった車の運転手が、町まで乗せていってくれることになりました。でも乗せられるのは6人中3人だけ。コジマはバスの運転手から、『みんなが納得するように、車に乗る3人を決めてほしい!』と頼まれます。

141028kokoro2-1.jpg

乗客6人の顔ぶれは、
1. 笑顔が素敵な女性  2. 体格のいい男性  3. お世話になった山田さん
4. 怖そうな男性   5. 優しそうなおばあさん   6. 通勤途中のコジマ 

コジマは、誰を3人先に乗せるかを考えていきます。視聴者の子どもたちへも、自分がコジマの立場だったら誰を先に乗せるか、一緒に考えながら見てもらうように誘いかけます。
コジマは何度かココロ部の部室に戻ってワタベ部長と議論しながら、さまざまな視点からこの状況について考えていく中で、「思いやり」について考えを広げていきます。

番組のねらいは、子どもたちがお互いに話し合いながら、実社会で生きてくる‘道徳的実践力’(他者とコミュニケーションしながら、その場に応じた、よりよい関係性を築く力)を育んでもらうことです。ココロ部! は、小学校5・6年生~中学生向け「道徳」の新番組化を視野に制作しました。皆さんの感想を、ぜひこのブログにお寄せください!

※番組は2015年3月まで、ココロ部!ホームページ でストリーミング配信します。

ココロ部!
< Eテレ 11/3(月・祝)午前 9:00~9:10 >
 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(5) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲