2014年10月17日

"アジア1"になれるか 英語教育


141017hayakawa.jpg

 英語教育の見直しについて議論してきた文部科学省の専門家会議は、9月26日の会議で、小学校3年生から英語教育を始めるなどしてアジアトップの英語力をめざすとする提言をまとめました。その内容と今後の論点について取り上げます。

■ 提言の特徴は

 英語教育を、発信型に変えようという点にあります。かつて日本の英語教育は「読み、書き」中心で会話力がつかないと批判されてきました。そこで、「聞く」「話す」を加えた会話型の教育へと転換がはかられてきました。今回、それを一歩進め「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの技能をバランスよく学び、仲間内の会話から人に伝える「書く」「話す」に重点を置いた発信型の英語への転換を求めています。そうすることで、国際的な英語力のテストでアジアの最低レベルとされる日本人の平均得点をトップレベルにまで引き上げることをめざすとしています。

■ 具体的な方策は

 1つめは、小学校英語の前倒しです。
 今は5年生から「外国語活動の時間」として週に1時間、英語に慣れ親しむ活動をしていますが、これを3年生からに早める。5年生からは、中学校と同じように教科に格上げして、会話力中心の授業を行います。成績をつけるのがこれまでとの違いです。

 2つめは、中学校の英語の授業は英語で行うこと。
すでに高校は、原則英語で授業を行うことになっていますが、これを中学校に前倒ししようというものです。これまでの訳読中心の授業から、英語のまま言葉の意味や内容を理解し、自分の考えを伝えられるように変えようというのです。

 3つめは、大学入試に外部の資格試験を導入すること。
 英語については、目的に応じて英語力をはかる英検やTOEFL、TOEICなどの資格試験があります。大学入試センターや大学が行う入試では、英訳に偏り、「書く」「話す」技能を測りきれていないとして外部試験の導入を求めました。

【続きを読む】

投稿者:解説委員 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:早川解説委員の教育コラム | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲