2014年10月16日

ハートネットTV「君と歩む道 ~シングルファーザーと自閉症児の20年~」 (10/21ほか)


141016he.jpg

「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた、新しいスタイルの福祉番組 ハートネットTV 。21(火)は、ある自閉症の男性とお父さんの姿を紹介します。

川崎市幸区の新保浩さんは、自閉症の一人息子をもつシングルファーザーです。
男手一つで育てあげた息子の綾麻(りょうま)さんは、今年7月に20歳の誕生日を迎えました。
浩さんは、日々の生活の記録をホームページでつづっています。そのホームページの名前は「そよ風の手紙」。苦しさを言葉にできず、パニックを起こし、自傷行為を繰り返す綾麻さんに寄り添う思いを、ありのままに記しています。大変なことばかりでなく、綾麻さんに初めて「バイバイ」を言われた日のことなど、ゆっくりだけど着実に成長する息子の姿に喜びも感じる様子も描かれています。浩さんは、綾麻さんと向き合う中で価値観が大きく変わり、人生に何が大切なのかを教わったと語ります。

そして今、2人は新たな挑戦をしています。
綾麻さんは特別支援学校を卒業。去年4月から地域の通所施設に通い、社会との関わり方を学んでいます。
浩さんは会社を退職し、「そよ風の手紙」と名付けた施設の運営をスタートしました。自閉症の子どもや親が安心して過ごせる居場所作りに取り組んでいます。

一歩一歩ともに歩んできた父と子の、20年間の心の軌跡を見つめます。


ハートネットTV  「君と歩む道 ~シングルファーザーと自閉症児の20年~」
〈Eテレ 21(火) 午後8:00~8:29 〉
〈Eテレ 28(火) 午後1:05~1:34 〉 (再)

 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック(0)

さんすう犬ワン「小数ってなに?~小数~」 (10/20ほか)


141016san1.jpg

算数が得意な警察犬ワンが、さんすう交番のお巡りさんと一緒に、算数の力で街のお困りごとを解決していくコメディドラマ さんすう犬ワン 。第12回のテーマは、小学3年生の「小数」。位をそろえて計算することを学びます。

ある日キュウベイはテンコに、ファイルを入れる棚を買ってくるように頼みます。ファイルの高さを、さんすう交番特製の目盛り付きネクタイではかってみると、30センチ。そこで、1つの段の高さが30センチの棚を買ってくるように言います。
テンコは言われたとおりの棚を買ってきますが、ファイルは入りません。いったいなぜ?けんかする2人に、ワンはある物を持ってきます。

次は、パン屋で事件が発生!店員が小麦粉を注文するために、食パン用12キロとフランスパン用7.2キロの合計を出そうとしているとカズラーが現れ、うその計算方法を教えます。そのせいで小麦粉が足りずパンが焼けなくなり、さんすう交番に電話がかかってきます。筆算した紙を見せてもらったテンコは・・・。

141016san2.jpg

小数の計算のポイントを、子どもたちにわかりやすく伝えます!

さんすう犬ワン  「小数ってなに?~小数~」
〈 Eテレ 20(月) 午前9:10~9:20 〉
〈 Eテレ 27(月) 午前9:10~9:20 〉 (再) 

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲