2014年10月 7日

道徳ドキュメント「ペットの命はだれのもの?」 授業リポート


141007doutoku1.JPG

道徳ドキュメント は、実際にあった出来事や人生体験を取り上げて、現実の問題と向き合いながら道徳を考える番組です。2014年9月16日(火)、道徳ドキュメント「ペットの命はだれのもの?」を使った授業が、神奈川県川崎市立はるひ野中学校2年3組で行われました。

★ ペットをめぐる現実を知って 

担任の岡田哲平先生が「家でペットを飼っている人」と尋ねると、何人かの生徒が手を挙げました。
「じゃあ、もし家でペットを飼うことができなくなったらどうする?」と聞くと、「友だちにあげる」「無理やり飼う」という声。これに対して「引き取り手がみつからないかもよ」「ペットを飼っちゃいけないところに無理に連れて行っても、ばれたらどうするの」という声もありました。

ここで先生は「『動物愛護センター』って、名前は聞いたことがあるかな。どういう所か知ってる?」と質問。「動物を愛護する所!」「飼えなくなった動物を引き取って助ける所」・・・。「動物愛護センターに連れてこられた動物は、殺されるんだよ」と言うと、みんなは「えっ!」と息をのんでいました。
「殺処分される犬や猫は1年間で約30万頭いるんだ。どんな理由で連れてこられると思う?」「引っ越し」「飼い主が年を取って飼えなくなった」・・・。
「たしかにそういうやむを得ない理由もあるだろうね。でもほかに『海外旅行に行くときじゃまだから』『血統書付きの犬から生まれた子犬が雑種だったから』という理由で連れてくる人もいるそうだよ」。生徒たちは、初めて知る現実にびっくりしていました。
先生は「では今日は番組を見て、ペットのことについて考えてみましょう」と言ってテレビをつけました。

【道徳ドキュメント「ペットの命はだれのもの?」あらすじ】
飼い主のわからない犬や猫が施設に運ばれてきます。この動物たちは、数日後には炭酸ガスによる窒息死、つまり「殺処分」されます。
あるおばあさんが、猫を連れてきました。捨てられていた猫を拾ってかわいがってきましたが、団地の規則が厳しくなり、飼えなくなってしまったのです。つらそうな様子で係の人に、猫を預けていきました。
一方で、こうした動物を救おうと活動する人たちがいます。NPO法人「犬と猫のためのライフボート」の塩見まりえさんは週に2日この施設を訪れて犬や猫を連れて帰ります。塩見さんたちのはたらきで、新しい飼い主に引き取られていく動物たち。でもそれは、小さくてかわいい犬や猫がほとんどです。生きるのも、死ぬのも人間の都合。本当にそれでいいのでしょうか?

141007doutoku2.jpg 141007doutoku3.jpg

生徒たちは真剣な顔で番組を見ていて、中には涙をぬぐう子もいました。番組が終わってからも、しばらく言葉が出てきませんでした。

141007doutoku4.JPG 141007doutoku5.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:14:45 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲