2014年10月 1日

「はりきり体育ノ介」 冨田洋之さんにインタビュー!


141001tai1.JPG

はりきり体育ノ介 は、「体育が出来れば人生がより楽しくなる!」がキャッチフレーズの、小学3~6年生向けの体育の新番組です。
体育ノ介(たいいくのすけ)は、天才科学者である博士が開発したサイボーグ。筋肉ムキムキでいかにも運動が得意そうですが、博士が体育の力をインプットし忘れてしまったため、実は運動が苦手・・・。博士はそんな彼に体育の力をつけさせるため、日夜研究をしているのです。

番組は、
体育ノ介による「つまずき映像」コーナー、
一流アスリートによる「お手本映像」コーナー、
子どもたちが友達と実技を撮り合うコーナー、
体育のミニ雑学コーナー 
で構成しています。

「お手本映像」の演技を披露するのは、2004年アテネオリンピック体操の金メダリスト・冨田洋之さん(順天堂大学スポーツ健康科学部助教)です。収録の合間に、冨田さんにお話を伺いました。

――「はりきり体育ノ介」の大きな見どころは、冨田さんの演技を映像でじっくり伝えるところだと、スタッフに聞きました。

はい。ぼくの周りを20台ものカメラがぐるりと囲んで、いろいろな角度から演技を撮影します。ハイスピードカメラや多視点カメラシステムなど、最新映像システムを使って撮影するんですよ。
実演するとき心がけているのは、ポイントとなる動作を大げさにすること。番組を見る子どもたちが実技のポイントをつかみやすいように、頭を振ったり体を振ったりという動作を、ふだんより大きくやるようにしました。

141001tai2.JPG 141001tai3.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(1) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲