2013年2月28日

おはなしのくにクラシック「アイヌ神謡集・おもろそうし」 スタジオリポート


130227ohacla1.jpg

おはなしのくにクラシック 第20回は「アイヌ神謡集・おもろそうし」と題して、北海道と沖縄に伝わる文学を紹介します。番組全体の語りを務める俳優の石田ひかりさんと、アイヌ語朗読の木原仁美さん、三線演奏の照喜名朝國(てるきなともくに)さんにお話を伺いました。

石田さんは、出演の依頼が来たとき「北と南、日本の中で一番離れている文化を紹介するなんておもしろそう!ぜひやりたい!」と喜んで引き受けたそうです。お母さんが沖縄出身で親戚も多いことから、沖縄は自分の居場所のように感じるという石田さん。今回、琉球の服を着て「我ながらやっぱり似合う!と思いました」と笑顔で語ってくれました。また、今回番組タイトルの背景に使っているアイヌ文様の刺しゅう作品は、石田さんが義理のお兄さんから結婚祝いにもらった物だとか。そんなことからも琉球とアイヌの両方に縁を感じているそうです。

130228ohacla1.jpg

アイヌ語の朗読を担当した木原さんによると「アイヌ語がテレビで流れることはほとんどないので、 良い機会を与えられたと思ってがんばりました!」とのこと。アイヌ神謡は俳句のように韻文なので、声に出して読むとリズムが心地いいんだそうです。「番組を見た子どもたちがこのフレーズを口ずさんでくれればうれしいです」と話してくれました。

三線演奏者の照喜名さんによると、琉球の音楽の基本的な音階はドミファソシド(レラ抜き)だそうです。「試しにピアノなどでドミファソシドを繰り返し演奏してみてください。沖縄にいる気分になれますよ」とのことでした。さらに、琉球古典音楽は600年の歴史があり、皆さんが親しんでいる『花』や『涙そうそう』などの原点なのだそうです。みなさん、知っていましたか?

 

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲