2013年2月22日

おはなしのくに「ふるやのもり」授業リポート (2/8)


130222ohanashi1.JPG

おはなしのくに は、日本や世界の民話や名作を一流の語り手が感情豊かに語る番組です。2/8(金)、東京都杉並区立久我山小学校1年3組でおはなしのくに「ふるやのもり」を利用した図書の授業が行われました。その様子をリポートします。

★ 「ふるやのもり」をテレビと本で味わってみよう!

授業が始まると、担任の織田伸一(おりたしんいち)先生は「きょうは『ふるやのもり』というお話を見ます。どんなお話でしょうね」と言いました。「“ふるやのもり”って古い宿の森のことかな?」などと子どもたち。先生がテレビをつけると、時折笑い声をあげながら、真剣に番組に見入っていました。

【おはなしのくに「ふるやのもり」あらすじ】
雨の降る夜、古い家にオオカミと馬どろぼうが忍び込みました。オオカミは、その家に住むおじいさんとおばあさんが「この世の中で一番おっかないものは"ふるやのもり"だ」と話すのを聞いて、"ふるやのもり"とは何者なんだろうと不安になります。そしておばあさんの「"ふるやのもり"が来たすよ」という声を聞いて逃げ出します。一方オオカミが逃げ出す音を聞いたどろぼうは、馬が逃げたと勘違いし、逃がすものかとオオカミの背中にしがみつきます・・・。

130222ohanashi2.JPG

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:授業リポート | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲