2013年1月30日

歴史にドキリ「北里柴三郎・野口英世~世界で活躍した日本人~」 (2/6ほか)


120129dokiri1.jpg

歴史にドキリ 第18回は、海外に学んで伝染病の治療法を研究した、北里柴三郎と野口英世の功績を学びます。

中村獅童さんふんする北里柴三郎は、顕微鏡をのぞきこんで細菌を研究しています。弟子たちの研究報告書を見ると。それまでのおだやかな様子から一転「まじめに研究しろ!」と怒り出します。こうした気性から柴三郎につけられたあだ名は「ドンネル先生」。ドイツ語で「雷おやじ」という意味です。

ドイツに留学して破傷風の研究に取り組み、世界で初めて「血清療法」を発見した柴三郎。帰国後は日本で初めて伝染病の研究所を作り、世界で活躍する学者の育成に力を注ぎました。その門下生には、黄熱病の研究で世界的に注目された野口英世がいました。

今回のドキリ★ソングは「世界のドンネルおやじ(雷おやじ)」。ドンドンというリズムにのせた力強いメロディとダンスをお楽しみください。

120129dokiri2.jpg

歴史にドキリ 「北里柴三郎・野口英世~世界で活躍した日本人~」
< Eテレ 2/6(水) 午前9:40~9:50 >
< Eテレ 13(水) 午前9:40~9:50 >  (再)

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:番組紹介 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲