2013年1月16日

げんばるマン「災害に強い町って?」 撮影現場リポート


130116genbaru1.JPG

げんばるマン は“現場に出かけ現場に学ぶ”をキャッチフレーズに、お笑いコンビのはんにゃがさまざまな現場に出かけ、世の中のしくみを学んでいく、総合的な学習の時間向けの番組です。9/4(火)に行われた、第17回「災害に強い町って?」 の撮影の様子をリポートします。

今回のロケは、山梨県大月市の猿橋・伊良波地区で行われました。山間にある集落で、橋が崩れると外部から孤立してしまう恐れがあるため、防災に力を入れている地域です。子どもたちが「子ども防災マップ」を作る現場に、げんばるマンが密着しました!

130116genbaru2.JPG

★ 防災キッズに学べ!

「子ども防災マップ」とは、災害の時危険と思われる場所を、子どもの目線で探して反映させた地図のこと。作るのは、小中学生10人ほどでなる”防災キッズ”たちです。げんばるマンこと、はんにゃの川島章良(かわしまあきよし)さんと金田哲(かなださとし)さんが子どもたちを見つけてあいさつすると、みんな元気にあいさつをかえしてくれました。そして田んぼやがけなどの危険な場所を次々と案内してくれました。げんばるマンの2人は防災キッズたちと、そこがどのように危険なのか話し合ったり、「はんにゃだ!」と近づいてくる子に声をかけたりして、子どもたちと積極的にふれあっていました。

【続きを読む】

投稿者:デジタル教材スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:スタッフ日記 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲