2018年03月16日 (金)今年もやります!全日本なわとびかっとび王選手権 出場チーム募集


20180301kattobi2.jpg
全日本なわとびかっとび選手権は、全国の小学生が参加し、跳び手が8の字を描きながら1分間次々と長縄を飛びぬけていく「8の字跳びタイムアタック」で、チームが飛んだのべ人数を競う大会です。昨年度は全国から73チームが参加しました。
原則クラス全員での参加が必要な競技ですが、今年度は特別企画として、少人数でも参加可能な「1分間ノーミスチャレンジ」も行います。

まずは大会の魅力を伝えるミニ番組が19日からEテレで随時放送されます。昨年、優勝を期待されながら準優勝だった茨城県代表の旭北小学校を紹介します。。
4・5・6年生の学年混成チームを率いたキャプテン・海東一期くんは「キャプテンをやる前は、自分から前に出るタイプじゃなかったけど、キャプテンを任されて“自分らしく前に出よう”という気持ちで取り組むことができました」と語ります。「僕にとってのかっとびは『成長』。中学校に行っても団結してたくさんのことに取り組んでいきたい」と、充実した“かっとび経験”を話してくれました。
跡を継ぐ5年生、4年生はもう次の大会へ向けての練習を始めています。5年生から「集中集中!足元気をつけて!」としっかりした指示がとんでいます。やる気満々のようです。
20180301kattobi1.jpg
さて、今年の大会のエントリーは4月2日(月)からスタート。番組ホームページで募集します。締め切りは6月15日(金)。
7月の1次予選のビデオ審査でベスト8が決定し、10月の2次予選でベスト4が決定。そして12月、東京で行われる決勝大会で日本一が決まります。

自分の弱さと向き合い、仲間と心を一つにすることで、新しい成長と出会える「全国なわとびかっとび王選手権」。ぜひミニ番組やホームページをご覧いただき、奮ってエントリーしてください! 

今年もやります!全日本なわとびかっとび王選手権
<Eテレ 19日より募集映像を随時放送>
※こちらの番組は、NHKforSchoolの利用ガイドとともに全国の小学校にもDVDとして送付予定です。
※参加条件など詳細は、エントリー日が近づきましたら番組ホームページにてご確認ください。

投稿者:番組制作スタッフ | 投稿時間:11:25

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲