NHK札幌放送局

「目撃!千島列島~歴史と大自然に閉ざされた島々~」

北海道クローズアップ

総合

2019年9月13日(金)午後7時30分

日ロ国境に位置し入境が困難なことから、ほぼ手つかずの大自然が残る千島列島。今回、天売島在住の自然写真家・寺沢孝毅さんが特別な許可を得て千島列島への入境に成功!人を恐れず近づいてくるトドの大群や、世界でもここでしか見られない海鳥の繁殖など数々の貴重な映像の撮影に成功しました。さらに今回は千島列島中部にあるライコケ島で95年ぶりの大噴火にも遭遇。知られざる千島列島の姿を存分に味わってください!
【撮影・スタジオ出演】寺沢孝毅

オリジナル記事

千島列島 歴史と大自然に閉ざされた島々

北海道クローズアップ

2020年1月31日(金)午後4時55分 更新

息をのむような大自然が、私たちの住む北海道のすぐ隣に広がっているのをご存知でしょうか。日本とロシアの国境に位置し、立ち入りが厳しく制限されている“ 千島列島 ”です。今回、道北の天売島在住のカメラマン・寺沢 孝毅さんが特別な許可を得て千島列島へ。人を恐れず近づいてくるトドの大群や、世界でもここでしか見られない海鳥など、数々の貴重な自然の姿を映像に記録しました。さらに、千島列島中部にあるライコケ島で95年ぶりの大噴火にも遭遇。知られざる千島列島の姿をお伝えします。

もっと見る

北海道クローズアップ

2020年1月31日(金)午後4時55分 更新

番組予告

「広がる新型コロナウイルス感染 その対策は?」

総合

2020年2月28日(金)午後7時30分

北海道での新型コロナウイルスの感染が止まらない。いま何が起きているのか?感染はどこまで広がるのか?病院や検査機関の態勢は大丈夫なのか?そして、これ以上感染を広げないために、私たち1人1人は何をしなければならないのか?番組では様々な分野の専門家の分析も交えながら、多角的に検証する。【キャスター】野村優夫

総合 2020年3月1日(日)午前8時00分 放送予定[再]

番組コーナー

出演者

過去の放送

「天からの手紙~雪の結晶 神秘に迫る~」

総合

2020/2/21(金)午後7:30

「学びの島へ 奥尻高校の挑戦」

総合

2020/2/14(金)午後7:30

「直木賞受賞作『熱源』 作者が語る“物語の力”」

総合

2020/2/7(金)午後7:30

「#SNSマネートラップ~検証・グレー勧誘~」

総合

2020/1/31(金)午後7:30

「希望のいちごに再起を託して 被災農家9年の記録」

総合

2020/1/24(金)午後7:30

「世界自然遺産・知床 ヒグマ 涙の親離れ」

総合

2020/1/17(金)午後7:30

「東京で輝け!どさんこアスリート」

総合

2020/1/10(金)午後7:30

「リーチ マイケル~“多国籍ジャパン”への道~」

総合

2019/12/30(月)午前7:20

「“人慣れ熊”の悲劇~なぜヒグマが街に~」

総合

2019/12/29(日)午前7:20

「ディープインパクトが教えてくれたこと」

総合

2019/12/28(土)午前7:20

「温暖化で変わるワイン・ビジネス」

総合

2019/12/13(金)午後7:30

「病院がなくなる!?~どうなる地域医療~」

総合

2019/11/29(金)午後7:30

「白馬の遺言~本屋のオヤジ 久住邦晴伝~」

総合

2019/11/8(金)午後7:30

「リーチ マイケル~“多国籍ジャパン”への道~」

総合

2019/11/1(金)午後7:30

「アイヌの美 わたしの表現~阿寒 工芸作家の挑戦~」

総合

2019/10/25(金)午後7:30

「ディープインパクトが教えてくれたこと」

BS1

2019/10/17(木)午後7:00

「名馬の遺志をのせて~馬産地・北海道 世界最高峰への挑戦~」

総合

2019/10/11(金)午後7:33

「“人慣れ熊”の悲劇~なぜヒグマが街に~」

総合

2019/10/4(金)午後7:30

「目撃!千島列島~歴史と大自然に閉ざされた島々~」

総合

2019/9/13(金)午後7:30

「外国人闇就労~人材不足ニッポンの実像~」

総合

2019/8/30(金)午後7:30

北海道クローズアップ

北海道クローズアップ

北海道の“いま” を見つめ続ける報道番組 1993年4月に放送を開始した「北海道クローズアップ」。 昨年度は、大きな被害を出した胆振東部地震について、被害の深刻さやそれに立ち向かう人々の姿を様々な角度から伝えてきた。また、AI農業の最前線や、TPPなどで貿易の自由化が加速する中での人々の新たな取り組みなども見つめ、北海道の様々な課題に向き合ってきた。この26年間の放送回数は、746回を数える。 平成から新たな時代にかわる節目の今年、番組では新たに新キャスターを迎え、番組の更なる飛躍を目指す。北海道の“いま”を、より分かりやすく、より深く。 「北クロを見れば、今の北海道がわかる!」 そんな報道番組をめざし、新たな可能性を探っていく。

上に戻る