NHK札幌放送局

「故郷と祖国~加藤登紀子 サハリンへの旅~」

北海道クローズアップ

総合

2018年8月24日(金)午後7時30分

ロシアの極東サハリン南部はかつて樺太と呼ばれた日本領だった。激しい地上戦の末、ソ連の占領下に置かれたこの地には戦後1400人以上の日本人が残された。サハリン残留邦人と呼ばれる彼らは、どのように異国の地で生き抜いてきたのか。歌手の加藤登紀子さんが、今年サハリンでのコンサートを企画。番組ではサハリン残留邦人の悲しみに寄り添うその旅に密着する。故郷とは、祖国とは何なのか。人々の心に刻まれた歌からたどる。
【出演】歌手…加藤登紀子,【ナレーション】NHK札幌局アナウンサー…古谷敏郎

オリジナル記事

悲しみに寄り添うために 加藤登紀子 サハリンへの旅

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後6時03分 更新

北海道から北に43キロの場所に位置するサハリン島。この島には、人々の悲しみが刻まれています。かつて日本領だったこの地にソ連軍が侵攻。激しい地上戦は終戦後もなお続き、多くの人が命を失い、そしてふるさとを失いました。2018年6月、この島を訪ねた日本人がいます。歌手の加藤登紀子さんです。加藤さんは、島の人々の悲しみに寄り添うために歌を届ける旅にでました。

もっと見る

北海道クローズアップ

2018年12月19日(水)午後6時03分 更新

番組予告

「サラダボウル・カー~異文化ガールズトリップ~」

総合

2019年7月26日(金)午後7時30分

北海道に住む外国人は年々増え続け、今では3万人以上。外国人が隣人となる時代、私たちは彼ら彼女らとどう向き合えばいいのか。今回NHKは、3日間北海道を一緒に旅する日本人と外国人の女性たちを大募集。彼女たちはこの旅を通して、何を発見し、何を感じたのか?“異文化ガールズ”の4人旅から見えてきたこととは?笑いあり!涙あり!そして日本人と外国人が共に理解し合いながら暮らすヒントも見えてきた。
【語り】小林エレキ

総合 2019年7月21日(日)午前8時00分 放送予定[再]

番組コーナー

過去の放送

「僕らが北極を歩くわけ~冒険編~」

総合

2019/7/19(金)午後7:33

「“遠すぎる”郷土~元国後島民の歳月~」

総合

2019/7/12(金)午後7:30

「笑顔を灯す人形を作る」

総合

2019/6/14(金)午後7:30

「命とふるさとを守りたい~地域医療崩壊の危機~」

総合

2019/5/24(金)午後7:30

「あなたの町の水道が危ない!?」

総合

2019/5/17(金)午後7:30

「僕らが北極を歩くわけ~旅立ち編~」

総合

2019/4/19(金)午後7:30

「夢をあきらめるな~日本製紙クレインズ最後の戦い~」

総合

2019/4/12(金)午後7:30

「ファイターズ×コンサドーレ

総合

2019/4/5(金)午後7:30

「北海道 激動の平成~あの現場はいま~」

総合

2019/3/8(金)午後7:30

「追い込まれる外国人技能実習生」

総合

2019/3/1(金)午後7:30

「岐路に立つ“農業王国”~動き出したTPP・EPA~」

総合

2019/2/15(金)午後7:30

「“雪氷津波”の脅威~冬の地震から命を守れ~」

総合

2019/2/1(金)午後7:30

「私はどこの誰なのか~戦争孤児 ルーツを探す旅~」

総合

2019/1/18(金)午後7:30

「初対談 北島三郎×大泉洋」

総合

2019/1/11(金)午後7:30

「躍進!コンサドーレ~チーム改革の秘密に迫る~」

総合

2018/12/7(金)午後7:30

「希望の大地~厚真町 夫婦ふたり 再起への道~」

総合

2018/11/30(金)午後7:30

「液状化から地域を守れ~札幌 里塚地区からの報告~」

総合

2018/11/16(金)午後7:30

「“スマート農業”が北海道を変える!?」

総合

2018/11/2(金)午後7:30

「北海道は、へこたれない。~鈴井貴之 胆振東部を行く~」

総合

2018/10/19(金)午後7:30

「検証“ブラックアウト”」

BS1

2018/10/14(日)午後4:00

北海道クローズアップ

北海道クローズアップ

北海道の“いま” を見つめ続ける報道番組 1993年4月に放送を開始した「北海道クローズアップ」。 昨年度は、大きな被害を出した胆振東部地震について、被害の深刻さやそれに立ち向かう人々の姿を様々な角度から伝えてきた。また、AI農業の最前線や、TPPなどで貿易の自由化が加速する中での人々の新たな取り組みなども見つめ、北海道の様々な課題に向き合ってきた。この26年間の放送回数は、746回を数える。 平成から新たな時代にかわる節目の今年、番組では新たに新キャスターを迎え、番組の更なる飛躍を目指す。北海道の“いま”を、より分かりやすく、より深く。 「北クロを見れば、今の北海道がわかる!」 そんな報道番組をめざし、新たな可能性を探っていく。

上に戻る